ホークスが誇る育成システム 育成→支配下昇格は川原&周東で12年連続29度目

2019-03-27 13:09 「Full-Count」編集部
新たに支配下契約を掴み取った福岡ソフトバンク・川原弘之(左)、周東佑京※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

新たに支配下契約を掴み取った福岡ソフトバンク・川原弘之(左)、周東佑京※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

26日に川原弘之投手と周東佑京内野手の支配下契約を発表

 福岡ソフトバンクは26日に育成選手だった川原弘之投手、周東佑京内野手と支配下契約を締結したと発表した。川原は背番号「63」、周東は「23」に決まり、ここから開幕1軍、そして1軍定着を目指して戦っていくことになる。

 育成出身選手の活躍といえば、福岡ソフトバンクというイメージを持っているファンも数多くいるはずだろう。エースに成長し2年連続開幕投手を託される千賀滉大や、“甲斐キャノン”で一世を風靡し球界を代表する捕手となった甲斐拓也などに代表されるように、ホークスの育成選手から花開かせた選手は数多い。

 昨季はシーズン途中に支配下に昇格した左腕の大竹耕太郎が、先発ローテの一角を担ってチームの救世主となった。川原、周東と、今年も2人が新たに支配下に昇格となり、2008年から実に12年連続で育成選手が支配下登録選手に昇格。その数は28人(29度目)になる。

 これまで、福岡ソフトバンクで育成選手から支配下に昇格した選手は以下のようになっている。

○過去のホークスの育成→支配下登録選手

2006年
西山道隆投手 7試合0勝2敗0S 7.59
小斉祐輔外野手 165試合316打数66安7本32点 .209

2007年
なし

2008年
吉川元浩内野手 45試合62打数15安2本5点 .242

2009年
堂上隼人捕手 8試合8打数2安0本0点 .250

2010年
山田大樹投手(現東京ヤクルト)72試合24勝27敗0S 3.60

2011年
J・デレオン投手 1軍出場なし
藤田宗一投手 600試合19勝21敗8S 3.89(千葉ロッテ、巨人でプレー後、ホークスと育成契約、ホークスでは19試合登板)
柳川洋平投手 8試合0勝0敗0S 1.29

2012年
千賀滉大投手 145試合42勝21敗1S 2.77
柳瀬明宏投手 218試合11勝6敗8S 3.32
牧原大成内野手 175試合405打数110安3本26点 .272
二保旭投手 87試合7勝1敗1S 4.04

2013年
有馬翔投手 3試合0勝0敗0S 7.50
E・バリオス投手(現横浜DeNA)60試合4勝10敗1S 3.92
甲斐拓也捕手 251試合527打数116安12本56点 .220
猪本健太郎内野手 16試合25打数3安0本2点 .120

2014年
飯田優也投手(現阪神)98試合3勝6敗0S 3.46

2015年
細山田武史捕手 203試合345打数59安1本25点 .171( 横浜でプレー後、ホークスに育成で入団)
E・バリオス投手 上記
釜元 豪外野手 9試合7打数0安0本0点 .000

2016年
石川柊太投手 76試合21勝9敗0S 3.47
張本優大捕手 1軍出場なし
坂田将人投手 1軍出場なし

2017年
曽根海成内野手(現広島)13試合21打数5安0本2点 .238
L.モイネロ投手 83試合9勝4敗1S 3.65

2018年
堀内汰門捕手 1軍出場なし
大竹耕太郎投手 11試合3勝2敗0S 3.88

2019年
川原弘之投手
周東佑京内野手

 福岡ソフトバンクで支配下に昇格を果たした選手の多くが1軍での出場機会を得ていることがよく分かる。しかし、千賀や甲斐のように球界を代表する選手、そして牧原といった1軍の主力級となる選手は、やはり一握りの選手である。川原と周東。新たに支配下への切符を掴んだ2人はここからどれだけの活躍を見せてくれるだろう。

(Full-Count編集部)