【インサイト的選手名鑑】千賀滉大投手(福岡ソフトバンク)〜育成から大黒柱へ。“お化けフォーク”を操る剛球右腕~

2019-03-30 15:21 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》H千賀 弾丸ストレートの「音」に痺れる

千賀滉大(せんが・こうだい)/投手

#41/1993年1月30日生まれ
186cm・84kg/右投左打


 愛知・蒲郡高校から2010年の育成ドラフト4位で入団。2018年シーズンは22登板で13勝7敗、防御率は3.51。千賀投手といえば、今年のオープン戦で自己最速の158km/hを記録した剛速球と、“お化けフォーク”と呼ばれる大きなフォークが代名詞だろう。そこにスライダーやカットボールといった球種も織り交ぜ、並みいる強打者たちを相手に三振を量産している。

 2013年にはリリーフとして年間51試合に登板した実績も持つが、2015年に先発に転向してからは3シーズン連続で12勝以上を挙げ、2017年のWBCでは世界的な名手たちに混ざってベストナインにも選出。育成ドラフト4位という決して高いとは言えない評価でプロの世界に飛び込んだ右腕は、今や日本球界屈指の先発右腕として広く認められる存在となった。

 昨季は育成出身の選手としては史上初となる開幕投手を務め、白星こそつかなかったが7回無失点と素晴らしい投球を見せた。その後も故障離脱がありながら先発の柱として奮闘した右腕に、工藤公康監督は今季もシーズンの初戦を託すことを決めている。2年連続で開幕投手の大役を任されたのは、いわばエースの証ともいえるだろう。2年ぶりのリーグ制覇、そして3年連続の日本一に向けて、26歳の剛球右腕は今季もチームを力強くけん引してくれるだろうか。

千賀投手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

「こういう選手になりたいと…」2年連続の開幕投手、千賀滉大の意識を変えた出来事
https://insight.official-pacificleague.com/news/11350
初の大役を任された昨季と、その体験を経て2年連続で開幕戦のマウンドに向かう今季では、自らの胸中における意気込みの面でも大きな変化があるという。それぞれの意識の違い、そして千賀投手の心を変えたものとは。

「去年より遥かにいい」鷹・工藤監督が千賀滉大に開幕投手を託したワケ
https://insight.official-pacificleague.com/news/11355
指揮官から見た千賀投手評。工藤監督が語る千賀投手を開幕投手に指名した理由、感じ取った千賀投手の変化、そして指揮官として27歳の右腕に求めるものとは?

ホークス千賀、「ビックリ」の自己最速更新158キロ「あの投げ方で…」
https://insight.official-pacificleague.com/news/11482
この日は2度の158km/hを記録したものの、千賀投手の目線はより高いところにあるようだ。本人が感じた自己最速記録更新の理由と、より良い球を投げるための課題とは。