まだスタジアムに行ったことがないあなたへ。球場観戦のススメPart.2【楽天生命パーク宮城、メットライフドーム、京セラドーム大阪】

2019-04-03 12:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

 プロ野球の楽しみ方はさまざまだ。「パーソル パ・リーグTV」のファーム公式戦配信で若手の有望株を追いかけたり、自分でスコアを書いて細かいデータを収集したり、ファンの数だけ野球ファンライフがある。

 ここでは、そのうちの現地観戦の楽しみ方にフォーカスを当て、「パ・リーグ本拠地球場の歩き方」を簡単にご紹介。初めて球場に訪れるという方の参考になれば幸いだ。前回に続いて、東北楽天ゴールデンイーグルスの楽天生命パーク宮城、埼玉西武ライオンズのメットライフドーム、オリックス・バファローズの京セラドーム大阪について見ていく。※随時更新

ボールパークの可能性 楽天生命パーク宮城

◆最寄り駅:宮城野原駅ほか ホーム:三塁側

・アクセス
 楽天生命パーク宮城は、宮城県仙台市宮城野にある東北楽天の本拠地だ。赤と白のコロシアムのような外観が特徴で、徒歩なら仙台駅東口から20分、宮城野原駅から5分(右手に仙台育英高校が見える)。いずれも道のりは単純だ。試合開始の2時間前から、仙台駅発のシャトルバスも運行している。

・チケットについて
 チケットは、コンビニやプレイガイドでは販売していない。イーグルスチケット・楽天イーグルスグッズショップ・楽天モバイル仙台駅前店・電話でのみ受付。また、価格変動制が導入されているため、必ず最新価格を確認しよう。

・応援の雰囲気
 トランペット・笛・鐘・楽器などの鳴り物による応援は禁止されている。試合中、タイムリーを打った後の塁上パフォーマンスやヒーローインタビューの締めなどでは、「3、2、1……」のカウントダウン後に片手を突き出すポーズ「Burn!(バーン!)」がお馴染みだ。

観覧車の中心も映像を映すことができる

観覧車の中心も映像を映すことができる

・大きな特徴とエンタメ
 今年のホーム開幕戦から、プロ野球では世界初となる「完全キャッシュレス化」を実施。スタジアム内でのチケット、飲食、グッズなどの購入の際、現金は使用できなくなり、楽天ペイ、楽天Edy、クレジットカード、楽天ポイントなどのキャッシュレス決済のみを扱う。

 シンボルである大きな観覧車やメリーゴーラウンドがあるのは、敷地内の公園「スマイルグリコパーク」。子どもたちがパーク内の遊具で遊んでいる間、大人たちは外野自由席後方の芝生スペースで試合を観戦する、という楽しみ方ができる。もちろん観覧車に乗るのもいいだろう。あの高さから見下ろす天然芝は、ファンならずとも美しいと感じるはずだ。

・グルメ
 飲料の持ち込みはできず、移し替えステーションもない代わりに、「イーグルスウォーター」なる飲料水の自販機がある。選手の写真を使用したボトルデザインはランダムで、コレクターの心をくすぐる仕様。仙台名物・牛タン、笹かま、せり鍋などもご賞味あれ。