楽天が11安打11得点の猛攻で5連勝 ルーキー・弓削隼人投手がプロ初登板

2019-04-04 16:49 「パ・リーグ インサイト」編集部

【1回表】イーグルス・弓削 先頭打者からいきなりプロ初奪三振‼ 2019/4/4 E-F

 4月4日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と北海道日本ハムの3連戦・最終戦は11対2で楽天が勝利した。終始試合の主導権を握り、球団初となる本拠地開幕戦3連勝を飾った。

 試合が動いたのは1回裏。北海道日本ハムの先発・斎藤佑樹投手から楽天の1番・田中和基選手が安打で出塁すると、続く茂木栄五郎選手が適時打を放ち、先制する。さらに2死2,3塁の好機で6番・銀次選手が2点を挙げる適時打を放ち、初回から3対0とリードを広げた。

 対する北海道日本ハムは5回表、プロ初登板を迎えた楽天の先発・弓削隼人投手から9番・中島卓也選手が安打で出塁すると、2番・大田泰示選手が適時打。続く6回表にも、楽天の3番手・青山浩二投手に7番・鶴岡慎也選手が左翼席に刺さる今季1号のソロを浴びせ、2対3と追い上げる。

 しかし6回裏、楽天打線が爆発する。北海道日本ハムの上原健太投手から6番・銀次選手が安打で出塁するなど好機を得ると、8番・嶋基宏選手が適時打を放ち2得点。さらに継投した鍵谷陽平投手から、3番・浅村選手、島内宏明選手、ウィーラー選手、銀次選手が4連打。パスボールもあり、この回一挙8点を奪った。スコアは11対2となり、北海道日本ハムを大きく引き離す。

 7回以降、北海道日本ハムは鍵谷投手と石川直也投手、楽天は宋家豪投手、福山博之投手と高梨雄平投手がそれぞれ無失点に抑え、試合終了。

 楽天と北海道日本ハムの3連戦・最終戦は、11対2で東北楽天が大勝。本拠地開幕カードで全勝し、5連勝を飾った。先発した弓削投手は5回途中で石橋良太投手に交代し、勝利投手の権利を得ることができなかったものの、4回1/3を7安打1失点という粘投を披露した。