千葉ロッテドラ3小島が2回8失点KO 井口監督はローテ再編も示唆「ちょっと考えます」

2019-04-04 21:26 「Full-Count」岩国誠
千葉ロッテ・井口資仁監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・井口資仁監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

打線は一発攻勢で2点差まで詰め寄ったが序盤の失点が響く

■埼玉西武 8-6 千葉ロッテ(4日・メットライフ)

 千葉ロッテは4日、メットライフドームで埼玉西武と対戦し6-8で敗戦し、5連敗となった。

 連敗中の千葉ロッテはドラフト3位ルーキー・小島和哉投手がプロ初登板初先発となったが、昨年のリーグ覇者の前に2回8失点と序盤でノックアウト。試合後、井口監督は「リズムに乗れなかったですし、ボールも高かったですね」とルーキーの初陣を振り返り、次回登板については「この後ミーティングをして(決めます)。中継ぎにも負担がかかっているので、ちょっと考えます」と、即答を避けた。

 3回からリリーフした2番手、チェン・グァンユウ投手の好投で中盤を無失点で凌ぐと、5回には新外国人ケニス・バルガス内野手の来日1号2ラン、7回にはブランドン・レアード内野手の2試合ぶりとなる5号2ラン、さらには9回、この日4番に座った角中の1号2点が飛び出すなど2点差まで詰め寄ったが後一歩及ばなかった。

「点は取れているが先発が試合を作ってくれないと。それも含めて考える」と、今後の先発ローテーションを含め、早くも投手陣へのテコ入れを余儀なくされた。これで5連敗となった千葉ロッテ。カードが変わる5日は福岡に乗り込んでここまで無敗の福岡ソフトバンクと戦う。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)