【ファーム】千葉ロッテ・リリーフ陣の好投を光るも、2試合連続完封負け

2019-04-05 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
好リリーフを見せた永野将司投手

好リリーフを見せた永野将司投手

 4月5日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦は序盤から大量得点を奪ったベイスターズが勝利。千葉ロッテ先発の森遼太郎投手が2回8失点と試合を作れなかった。攻撃陣も2試合連続無得点と鳴りを潜め、2連敗となった。

  試合は序盤からベイスターズに主導権を握られる展開に。千葉ロッテ先発の森投手は初回から5連打を浴び、いきなり4点を奪われると、続く2回にも連打を浴びるなどしさらに4失点。2回までに0対8と横浜DeNAに大きくリードを許してしまう。

 6回から登板した永野将司投手は、2イニングを投げ、ともに3者凡退で切り抜ける好投を披露する。好リリーフを受け、反撃に移りたい千葉ロッテ打線だったが、横浜DeNA先発の平良拳太郎投手の前にチャンスを作り出すことができない。7回まで4安打と反撃の糸口を見出せなかった。

  8点を追う9回裏。千葉ロッテ途中出場の和田康士郎選手がヒットを放つも後続が続かず、試合終了。

 千葉ロッテと横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦は0対8で千葉ロッテが敗戦を喫した。2回までに8点のリードを許す苦しい展開となり、劣勢を跳ね返すことができなかった。リリーフ陣の永野投手や阿部和成投手は好投を披露したものの、2日連続での完封負けとなった。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/