一発攻勢で千葉ロッテが連勝。藤原恭大選手は待望のプロ初打点を記録

2019-04-06 17:22 「パ・リーグ インサイト」編集部

【1回表】初回からいきなり‼ マリーンズ・加藤 先制のソロホームラン!! 2019/4/6 H-M

 4月6日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの一戦は、一発攻勢で得点を重ねた千葉ロッテが7対3で勝利。延長戦を制した前夜に続き、敵地で連勝を収めた。

 試合序盤、千葉ロッテが主導権を握る。1回表、2番・加藤翔平選手の3号ソロで1点を先制すると、今宮健太選手の4号ソロで同点となって迎えた3回表に、加藤選手が2打席連続弾を放って勝ち越しに成功する。

 さらにこの回、3番・中村奨吾選手、5番・レアード選手にも本塁打が出て得点を重ねると、2死満塁から1番・藤原恭大選手が、プロ初打点を挙げる適時打で2点を追加。福岡ソフトバンク・ミランダ投手を攻め立て、一挙に6点を勝ち越した。

 援護をもらった千葉ロッテの先発・二木康太投手は安定した投球を披露。初回に今宮選手に本塁打、6回裏には柳田選手に適時打を浴びたものの、6回98球、2失点と先発の役割を果たし、救援陣にバトンをつないだ。

 7回裏から登板した千葉ロッテ2番手・酒居知史投手が2イニングを1失点としてリードを守ると、9回裏のマウンドには3番手・益田直也投手が上がる。先頭の松田宣浩選手にこそ安打を許したが、後続をしっかりと断ち切って試合終了。千葉ロッテが7対3で勝利した。

 投打のかみ合った千葉ロッテが連勝し、3連戦の勝ち越しを決めた。先発・二木投手は今季初先発で見事勝利。打線も加藤選手に2本塁打が飛び出すなど充実の内容だった。一方の福岡ソフトバンクは、先発・ミランダ投手が3回途中7失点と振るわず。打線も千葉ロッテ投手陣の前に得点を重ねることができなかった。