楽天がパ・リーグ単独首位! 福岡ソフトバンクに粘り勝ち

2019-04-12 21:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

【9回表】最後は変化球‼ イーグルス・松井が9回を締めてゲームセット‼ 2019/4/12 E-H

 4月12日、楽天生命パーク宮城にて行われた楽天対福岡ソフトバンクの第1回戦は、4対2で楽天が勝利。首位攻防戦を制し、単独首位に躍り出た。
 
 楽天・安樂智大投手と福岡ソフトバンク・千賀滉大投手の両先発で幕を開けた首位攻防戦。この試合に勝利したチームが単独首位に立つ大事な一戦だ。前回投球で7回3安打2失点の好投も、黒星を喫した安樂投手と、今季白星に恵まれない千賀投手の投げ合いなだけに、初回から力の入った投手戦が繰り広げられていく。

 まず試合が動いたのは2回裏。楽天のブラッシュ選手が千賀投手のカーブにうまく対応して適時打を放ち、楽天が先制。援護を受けた安樂投手が直後の大事なイニングを3者連続三振に抑えると、試合は楽天が主導権を握る展開となる。

 続く4回裏にも打線がつながり、無死満塁から8番・足立祐一選手の犠飛で2対0とリードを広げる。

 しかし、直後の6回表、試合は大きく動く。福岡ソフトバンクの2番・今宮健太選手、3番・内川聖一選手が安打でつなぐと、続くデスパイネ選手が制球に苦しむ安樂投手の球を冷静に見極め、四球を選ぶ。

 無死満塁に追い込まれた楽天はここで継投策に出るも、3番手の青山浩二投手が松田宣浩選手に適時打を浴び、高田知季選手に押し出し四球を与え、試合は2対2の振り出しに戻る。
 
 6回裏以降、膠着状態が続く中、好機を見出したのは先制打を放った楽天のブラッシュ選手であった。8回裏、フェンス直撃の二塁打を放つと、犠打と死球で1死1,3塁の場面。福岡ソフトバンクの正捕手・甲斐拓也選手のパスボールで楽天が勝ち越し。

 さらに田中和基選手のスクイズも決まり、この回一挙2得点。楽天が4対2とリードを握ると、9回表は松井裕樹投手が走者を出しながらも抑えて試合終了。楽天が4対2で接戦を制し、単独首位に躍り出た。

 試合は、福岡ソフトバンクの終盤の守備の乱れが勝敗を分ける結果となった。なお安樂投手と千賀投手の両先発は、またも白星お預けとなっている。