杉本裕太郎が2本塁打。投打が噛み合ったオリックスが埼玉西武に大勝

2019-04-13 17:19 「パ・リーグ インサイト」編集部

4/13 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト

 4月13日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第2回戦は、打線が爆発したオリックスが10対3で快勝。4番として先発出場した杉本裕太郎選手は、2本塁打を放つ活躍を見せた。

 埼玉西武・今井達也投手、オリックス・東明大貴投手の先発で始まった試合は、初回から動きを見せる。1回表、今井投手は制球が定まらず4つの四球で先制を許してしまうが、2回裏に栗山巧選手にタイムリーが生まれ、埼玉西武はすぐさま同点に追いついた。

 しかし直後の3回表にオリックスが勝ち越し。4番・杉本裕太郎選手の「打ったのは真ん中高めのまっすぐです。なんとかチームに貢献したいと思い、切り替えて打席に入りました。感触がよかったので、打った瞬間入ると思いました」と語る1号2ランでリードを奪った。

 援護を受けた東明投手は3回裏、埼玉西武の4番・山川穂高選手のタイムリーと森友哉選手の犠飛で再び同点とされてしまうが、4回表に西浦颯大選手が犠飛を放ち再び勝ち越し。4回裏からは山崎福也投手に継投し、試合は後半へ。

 リードするオリックスは後半に入ると打線が奮起。6回表、敵失と2番・福田周平選手の2点タイムリーで3点を追加し、7回表には杉本選手の本日2本目となる2号ソロ、8番・後藤駿太選手のタイムリーで2得点。8回表には途中出場の小島脩平選手がタイムリーを放ち、10対3と埼玉西武を突き放す。

 8回裏は近藤大亮投手、9回裏は山田修義投手が抑えて試合終了。埼玉西武とオリックスの第2回戦は、10対3でオリックスが勝利した。

 オリックスは2番手・山崎福投手が4イニング無失点の好リリーフを見せ今季初、2017年7月以来の白星。打線も杉本選手を筆頭に今季初の2桁得点を挙げ、快勝した。

 敗れた埼玉西武は先発した今井投手が6回途中7失点と炎上。「いつも通りの気持ちでマウンドに上がることができましたが、大事な初回にフォアボール、フォアボールで押し出しで点をあたえてしまい悪い流れをつくってしまいました。投げ急いでしまったところがあり、自分でもわかっていたが修正できませんでした。次回の登板までにその部分をしっかり調整したいです」とコメントした。