高橋礼が開幕から無傷の3連勝。福岡ソフトバンクが連勝で単独首位に

2019-04-14 16:08 「パ・リーグ インサイト」編集部

4/14 イーグルス対ホークス ダイジェスト

 4月14日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と福岡ソフトバンクの第3回戦は、投打が噛み合った福岡ソフトバンクが6対1で勝利。楽天との首位攻防戦を勝ち越し、ゲーム差1で単独首位に立った。

 楽天・近藤弘樹投手、福岡ソフトバンク・高橋礼投手の先発で始まった試合。先制したのは福岡ソフトバンクだった。

 3回表、2死から松田宣浩選手、釜元豪選手が連打で出塁すると、続く甲斐拓也選手が「打ったのはスライダーです。風にのって入ってくれました」と語る、逆方向への1号3ランを放ち、3点を先取。以降は両先発が好投を続け、試合は5回まで3対0のまま進んだ。

 中盤、福岡ソフトバンクが試合を決めた。6回表、デスパイネ選手、福田秀平選手、釜元選手の安打で1死満塁とすると、甲斐選手の押し出し四球と上林誠知選手の2点タイムリーで3点を追加。6対0と楽天を大きく突き放す。

 大量援護を受けた高橋礼投手は、6回裏に二ゴロの間に1点を返されるものの、落ち着いた投球を続け、7回1失点という投球でマウンドを降りた。

 その後は、8回裏を川原弘之投手、9回裏を奥村政稔投手がつないで楽天打線を抑え込み、試合終了。楽天と福岡ソフトバンクの首位攻防戦・第3回戦は、福岡ソフトバンクが6対1で勝利し、カード勝ち越しと単独首位奪取を決めた。先発した高橋礼投手は7回2安打1失点の快投を披露し、リーグトップの3勝目を挙げた。

 敗れた楽天は、先発した近藤投手が6回途中5失点と苦しみ、打線もわずか3安打と高橋礼投手を捉えることができず、本拠地での大事なカードで連敗を喫した。