好投の北海道日本ハム・有原航平投手が2勝目。千葉ロッテはミスが響き4連敗

2019-04-14 17:19 「パ・リーグ インサイト」編集部
北海道日本ハム・有原航平投手

北海道日本ハム・有原航平投手

 4月14日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対千葉ロッテの3回戦は、3対1で北海道日本ハムが勝利した。先制を許したものの、有原航平投手が7回1失点の快投を披露すると、相手のミスで同点、逆転に成功した。

 千葉ロッテ打線は、今季未だ無失点の有原航平投手に4回まで完璧に抑え込まれ無得点。しかし5回表、鈴木大地選手に第1号ソロ本塁打が飛び出し、先制に成功する。1点の援護を得た千葉ロッテ先発・石川歩投手は、北海道日本ハム打線に対して走者を出すものの要所を締める投球。5回まで投げ、4安打無失点で後続にマウンドを託す。

 7回1失点と好投した有原投手に応えたい北海道日本ハム打線は、7回裏、思わぬ形で勝ち越しに成功した。代打の渡邉諒選手と続く西川遥輝選手の連打で、2死ながら1,3塁の好機を演出すると、続く大田泰示選手の打席で千葉ロッテ3番手・松永昂大投手がまさかの暴投。3塁走者が生還し、まずは同点に追い付く。

 さらに西川選手が、三盗を刺そうとした千葉ロッテの捕手・田村龍弘選手の悪送球の間にホームイン。相手のミスにつけ込んで逆転に成功すると、近藤健介選手の適時二塁打で3対1とリードを広げた。

 このリードを守り切りたい北海道日本ハム。8回表に登板した2番手の公文克彦投手が走者を出しながらも無失点で切り抜けると、9回表はハンコック投手が締め、試合終了。北海道日本ハム対千葉ロッテの3回戦は、3対1で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハム先発の有原投手は、今季初失点を喫したものの、7回4安打1失点で2勝目を挙げた。敗れた千葉ロッテは、先発の石川投手が5回無失点の好投を見せたが、ミスを連発してリードを守れず。逆転負けで4連敗を喫した。