【ファーム】大阪桐蔭対決は藤原恭大に軍配。安田尚憲が5安打1本塁打4打点

2019-04-14 18:18 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】1試合5安打!! マリーンズ・安田の2ランホームラン!! 2019/4/14 F-M(ファーム)

 4月14日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦は、乱打戦の末、千葉ロッテが12対7で勝利した。

 大阪桐蔭校の同級生である千葉ロッテ・藤原恭大選手と、北海道日本ハム・柿木蓮投手が対戦することで注目を集めたこの試合。先制したのは千葉ロッテだった。3回表、藤原恭大選手が先発の柿木投手から安打を放ち、さらに盗塁を決めて好機を作ると、安田尚憲選手が先制のタイムリー。続く井上晴哉選手にも3ランが飛び出し、一挙4点を先制した。

 一方の北海道日本ハム打線も黙ってはいない。直後の3回裏、千葉ロッテ先発・土肥星也投手から下位打線の連打で好機を作ると、石井一成選手の適時打で1点を返す。さらにこの後、満塁で野村佑希選手が走者一掃の3点適時二塁打。姫野優也選手も適時二塁打を放ち、5対4と北海道日本ハムが逆転に成功した。

 千葉ロッテ打線もすぐに反撃を見せる。4回表、敵失で同点に追い付いた。さらに細谷圭選手の適時二塁打で1点を勝ち越すと、安田選手も適時打を放ち、7対5とリードを広げる。5回表には藤原選手に適時二塁打が飛び出し、8対5とさらにリードを広げた。

 北海道日本ハムも5回裏、松本剛選手の適時二塁打で2点差に迫るものの、中継ぎ陣が千葉ロッテ打線につかまってしまう。8回には適時打などで2点を献上、9回には安田選手に2ランを浴び、6対12と試合は決定的に。9回裏に代打・郡拓也選手がソロを放ったものの、反撃はここまで。

 北海道日本ハムと千葉ロッテのイ・リーグ公式戦は、乱打戦の末、12対7で千葉ロッテが勝利した。打線が17安打を放つ猛攻で、安田選手は5安打1本塁打4打点の大活躍。また、井上選手が3ランを放ち復調の兆しを見せたほか、藤原選手が3安打1打点と躍動した。一方の北海道日本ハムは、打線が9安打7得点を挙げたものの、投手陣が崩壊した。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/