【ファーム】育成の田城飛翔選手が4安打の大活躍。継投策も決まった鷹が快勝

2019-04-16 16:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス・田城の勝ち越しタイムリーヒット‼ 2019/4/16 H-C(ファーム)

 4月16日、タマスタ筑後で行われた福岡ソフトバンク対広島のウエスタン・リーグ公式戦第4回戦は、投打が噛み合った福岡ソフトバンクが4対1で勝利を収めた。

 試合は初回からいきなり動く。1回裏、広島の先発・薮田和樹投手から1番の明石健志選手が一塁内野安打を放って出塁し、バッテリーエラーと投ゴロで走者が進んで1死3塁。ここで三森大貴選手の投ゴロの間に明石選手が生還し、福岡ソフトバンクが1点を先制する。

 調整登板としてこの試合の先発マウンドに上がったスアレス投手は、1イニングを無失点で抑えたところで交代し、2回表から吉住晴斗投手にスイッチ。しかしこの回、吉住投手は2死2塁から正隨優弥(しょうずい・ゆうや)選手に適時二塁打を浴びて同点に追い付かれてしまう。

 再び試合が動いたのは4回裏。1死1,2塁から田城飛翔選手と九鬼隆平選手の連続適時打で2点の勝ち越しに成功すると、6回裏にも内野ゴロで1点を追加。投手陣は4回から杉山一樹投手と笠原大芽投手がそれぞれ2回無失点と好投し、8回は岡本健投手、9回は二保旭投手がそれぞれ無失点でリードを守り抜いた。試合は4対1で福岡ソフトバンクが勝利している。

 投手陣は6投手がマウンドに上がる小刻みな継投を見せ、9回1失点とそれぞれが持ち味を発揮して勝利に貢献。打線では田城選手が4安打1打点、九鬼選手が2安打1打点1四球と下位打線に座った2人の若手がそれぞれ存在感を発揮し、チームを勝利に導いている。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/