北海道日本ハム杉谷、明らかに死球もコールされず…アピールして球審がようやく確認

2018-02-25 17:28 「Full-Count」編集部
オープン戦にスタメンで出場した日本ハム・杉谷拳士

オープン戦にスタメンで出場した日本ハム・杉谷拳士

エルボーガードに当たるも…場内からは笑い声も漏れる

北海道日本ハムの杉谷拳士内野手が25日、肘に投球が当たったにもかかわらず死球と判定してもらえず、球審にアピールする一幕があった。

杉谷選手は5回2死走者なしの場面でこの日3度目の打席へ。すると、東京ヤクルト・田川投手の初球が内角高めに入り、杉谷選手の右肘に当たった。しかし、球審は死球をコールせず。杉谷選手はボールが当たったエルボーガードを指差した。

ボールは明らかに肘に当たっていたが、球審はここでようやく確認。杉谷選手のエルボーガードをじっくり見て、死球を認めた。人気者で知られる杉谷選手だけに、場内からは笑い声も漏れていた。