高谷選手&栗原選手離脱で“捕手難”直面のホークス チャンスをつかむ若手捕手は誰?

2018-02-25 18:51 「Full-Count」福谷佑介
春季キャンプA組スタートのソフトバンク・九鬼隆平

春季キャンプA組スタートのソフトバンク・九鬼隆平

高谷は右肘関節炎、栗原が左肩脱臼で相次いで離脱

2年連続の日本一を目指す昨季のパ・リーグ王者。順調に消化してきた宮崎での春季キャンプだが、ここにきて、何やら雲行きが怪しい。キャンプ終盤に怪我人が増え始めてきているのだ。

キャンプも第5クールが始まった20日、想定外の事態が起きた。まず、高谷裕亮捕手が19日に右肘の関節炎と診断され、離脱した。近く右肘関節内の遊離軟骨を除去する手術を受けるという。通常、復帰まで2、3カ月を要するため、開幕にはほぼ間に合わない。さらに、キャンプをA組で送ってきた今季の第3捕手最有力候補だった栗原陵矢捕手は特守中に左肩を脱臼し、こちらも離脱することになった。

第6クールが始まった24日には不動の遊撃手である今宮健太内野手が右肘の違和感を訴えた。検査の結果「右肘関節滑膜炎」と診断された。症状は重くないようだが、シーズンに向けて一抹の不安を残すのは事実。明石健志内野手も軽い腰痛でこの日の紅白戦を欠場している。キャンプの疲労が、ピークにきている時期だけに、コンディションには十分、気をつけてもらいたいものだ。

今宮選手と明石選手は軽症のため、しばらく様子を見ることになりそう。それ以上に心配なのは、やはり高谷選手、栗原選手が離脱した捕手だろう。何事もなければ、今季は高谷選手と甲斐拓也選手が併用でマスクを被り、栗原選手が第3捕手として控えることになっていたはず。それが一度に2人が離脱したのだ。