今日も乱打戦を制した楽天。エースは圧巻の投球

2018-02-25 20:15 「パ・リーグ インサイト」編集部

2月25日に行われた、横浜DeNA対楽天のオープン戦。楽天は則本投手、横浜DeNAは濱口投手と、両チームともに実績のある投手が先発のマウンドに上がった。

試合はいきなり動きを見せる。1回表、楽天は2死1,3塁の好機から5番・銀次選手、6番・アマダー選手が連続適時打を放って3点を先制。まずは楽天が試合の主導権を握った。

一方、楽天の先発・則本投手は3回に倉本選手に安打を許した以外は走者を許さない盤石の投球を披露。途中雨による中断を挟みながらも、鋭く落ちるボールで2つの三振を奪うなど、3イニングスを無失点に抑えた。

5回表に試合は再び動きを見せる。2番・島内選手の安打から1死1,3塁とすると、途中出場の今江選手が初球を左翼席に運ぶ3ランを放つ。ベテランの一撃で3点を追加した楽天が6対0と大きくリードして、試合は後半に突入した。

1点を返されて迎えた7回表、楽天は1死から島内選手のこの日4本目となる安打を起点に1死1,2塁の好機を作る。ここで、4番・今江選手が中前に適時打を放ち1点を追加。取られた点をすぐさま取り返し、再びリードを6点とした。

終盤に追い上げられるも…

このまま楽天が逃げ切るかと思われたが、7回、8回と立て続けに本塁打を浴びて4点を失い、最終回を前にして7対5と2点差に迫られる。しかし、9回は5番手・宋家豪投手が横浜DeNA打線を3者凡退に打ち取って試合を締めくくり、楽天が辛くも逃げ切った。

昨日に続いて楽天が乱打戦を制した。先発した則本投手は、3イニングスを投げ被安打1、無四球と圧巻の投球を披露。両チームが点を取り合う展開の中で、その投球は一際輝きを放った。

打線では、島内選手が4打数4安打と好調ぶりを見せた一方で、途中出場した田中選手が2安打を放ち共にアピールに成功。内野陣でもベテランの今江選手が本塁打を含む4打点を挙げたのに対して、高卒ルーキー・西巻選手も攻守で存在感を示すなど、ポジションを競う選手が揃って存在感を示した。

楽天はこれでオープン戦は開幕から2連勝。ここから続くオープン戦、さらには1カ月後に控える開幕に向けて、上々のスタートを切った。