10カ月ぶり復帰の釜田佳直投手が復活の白星。楽天がカード勝ち越しを決める

2019-04-21 16:47 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2回裏】 イーグルス・嶋 先発の釜田を援護する先制2ランホームラン!! 2019/4/21 E-B

 4月21日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天とオリックスの第6回戦は、7対3で楽天が勝利した。約10カ月ぶりの一軍復帰戦となった楽天の先発・釜田佳直投手が5回1/3を3失点という投球を見せ、復活の白星を手にしている。

 2回裏1死、オリックスの先発・松葉貴大投手が楽天の銀次投手に頭部死球を与えてしまい、危険球退場となってしまう。2番手のルーキー・荒西祐大投手に対し、嶋基宏選手が2号2ランを放ってチームに先制点をもたらす。「打ったのはストレートです。甘く来たところをしっかり仕留めることができましたね」と語ったように、緊急登板となった新人投手の失投を見逃さないベテランならではの判断力が光った。

 楽天は3回裏にウィーラー選手の犠飛とブラッシュ選手の押し出し四球で2点を追加し、4回裏にも浅村選手の2点適時二塁打でさらに加点。スコアを6対0とし、序盤から試合の主導権を握った。しかし、オリックスも5回表に大城滉二選手のソロで反撃。続く6回表に1死満塁のチャンスを作って釜田投手をマウンドから引きずり下ろし、2番手の森原康平投手から伏見寅威選手が2点適時打を放って点差を3点に縮めた。

 点差を詰められた楽天だったが、7回表は高梨雄平投手が、8回表は宋家豪投手がそれぞれ1イニングを3者凡退に抑えて試合の主導権を渡さず。8回裏にはオコエ瑠偉選手の適時二塁打で貴重な1点を追加し、9回は青山浩二投手が締めくくって試合終了。楽天が7対3で勝利し、カード勝ち越しを決めている。

 久々の登板を白星で飾った楽天の先発・釜田佳直投手は、登板後に「一人ずつ目の前の打者に集中して、粘って、粘っていこうと思っていました。野手の皆さんに助けていただき感謝しています」とコメント。野手陣では、2ランを放った際に「釜田が復帰登板なので、先制できて良かったです」と語った嶋選手が守備でもスライディングキャッチを見せるなど、攻守にわたる活躍でチームを勝利に導いた。

 敗れたオリックスは先発・松葉選手が危険球で早々にマウンドを降り、急きょマウンドに上がった荒西投手も1回1/3を3失点。後を受けた比嘉幹貴投手も2失点と、投手陣は誤算続きだった。打線は6安打で3得点を奪ったが、大量失点を挽回するには至らなかった。