【ファーム】シーソーゲームを制したのは千葉ロッテ。安田尚憲が決勝打

2019-04-21 18:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】フェンス直撃‼ マリーンズ・安田が3点タイムリー3ベース‼ 2019/4/21 L-M(ファーム)

 4月21日、西武第二球場で行われた埼玉西武と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦は、 シーソーゲームを制した千葉ロッテが9対5で埼玉西武を下した。

 2回表に試合は動いた。千葉ロッテは井上晴哉選手が埼玉西武先発・森脇亮介投手から左翼へのソロ本塁打を放ち、1点を先制する。しかし直後の2回裏、埼玉西武は千葉ロッテ先発・佐々木千隼投手を攻め無死満塁のチャンスを作ると、駒月仁人選手に2点適時二塁打が飛び出しすぐさま逆転に成功した。さらにこの後犠飛で1点を追加し、1対3とリードを広げる。

 反撃に出たい千葉ロッテは5回表、無死二塁の好機に高濱卓也選手の適時打で2対3と1点差に迫ると、続く6回表にも山口航輝選手の適時打が生まれ3対3と試合は振り出しに。さらに7回表には藤原恭大選手が適時二塁打を放ち、千葉ロッテが4対3と逆転した。

 ところが直後の7回裏、埼玉西武は1死1塁から綱島龍生選手の適時打で4対4とすぐに同点に追いつくと、西川愛也選手にも適時打が出て4対5とまたもや逆転に成功する。

 だがシーソーゲームはここで終わらなかった。8回表、千葉ロッテは井上選手の今日2本目となるソロホームランで5対5の同点に追いつく。続く9回表には2死満塁の好機を作ると、安田尚憲選手の走者一掃となるタイムリーツーベースが飛び出し、8対5と勝ち越しに成功。さらには井上選手が適時打を放ち、試合を決定づけた。

 埼玉西武と千葉ロッテのイ・リーグ公式戦は、9対5で千葉ロッテが勝利した。千葉ロッテは5回以降毎回得点を積み重ね、最後は安田選手が試合を決めた。また、井上選手が3安打3打点、2本塁打の活躍を見せた。敗れた埼玉西武は、先発の森脇投手が6回3失点と試合をつくったものの、中継ぎ陣が誤算だった。
 
 ◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/