内川聖一の勝ち越し弾で福岡ソフトバンクが白星!ルーキー泉圭輔はプロ初勝利

2019-04-22 21:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

 4月22日、東京ドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの4回戦は、3対1で福岡ソフトバンクの勝利。先制を許すも、内川選手の2号ソロなどで逆転に成功した。また、6回表からリリーフで登板し、2回を1安打無失点と好投したルーキー・泉圭輔投手が、プロ初勝利を挙げた。

 福岡ソフトバンク・東浜巨投手、オリックス・アルバース投手の投げ合いで始まったこの一戦。東浜投手は走者を出しながらも要所を締め、5回まで無失点の投球を見せる。一方、アルバース投手も持ち味の緩急を生かし、5回まで無失点。試合は0対0のまま、後半戦に入る。

 均衡を破ったのはオリックス。6回表、連打で無死1,2塁のチャンスを作ると、福岡ソフトバンクはルーキー・泉投手にスイッチする。ここでメネセス選手が、左中間に適時二塁打を放ち、先制に成功。流れを引き寄せたかに思えた。

 しかし直後の6回裏。死球で出塁した川島慶三選手が盗塁を決めると、松田選手が適時二塁打を放って同点とする。さらに続投した泉投手が7回表を無失点で抑えると、その裏、代わった吉田一将投手から内川選手が値千金の2号ソロを放って勝ち越し。福岡ソフトバンクが、試合をひっくり返した。

 リードを奪った福岡ソフトバンクは、盤石の投手リレーに入る。8回表を豪腕ルーキー・甲斐野央投手が3者凡退に切って取ると、その裏デスパイネ選手の適時打で1点を追加。そして9回表を守護神・森投手が無失点で抑え、試合を締めくくった。

 福岡ソフトバンクとオリックスの4回戦は、3対1で福岡ソフトバンクに軍配。「タカガールデー in TOKYO」と題し、東京ドームで行われたこの一戦を、勝利で終えた。6回途中1失点だった東浜投手は、「中盤に感覚が良くなっていった。次回以降に繋がると思う」と納得の表情を見せた。一方オリックスは、打線が散発6安打で1得点。6回1失点と試合を作ったアルバース投手を援護できなかった。