森唯斗~6年連続50試合以上登板の鉄腕。安定感抜群のブルペンリーダー~(福岡ソフトバンクホークス)【インサイト的選手名鑑】

2019-04-24 15:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》漂う守護神の風格!! H森 プロ野球タイ記録となるチーム6試合連続セーブ!!(C)パーソル パ・リーグTV

森唯斗(もり・ゆいと)/投手

#38/1992年1月8日生まれ
176cm・95kg/右投右打


 海部高校 - 三菱自動車倉敷オーシャンズを経て、2013年ドラフト2位で福岡ソフトバンクに入団。2018年シーズンは66試合に登板し、防御率2.79、37セーブを挙げセーブ王に輝いた。ルーキーイヤーの2014年から58試合に登板、過去6年間で登板試合数が50試合を割ったことはなく体の強さが伺える。森唯斗投手の持ち球はカットボール、カーブ、シュート、スプリット、スライダーと多彩。2018年の日本シリーズでは優秀選手賞に選ばれるなど、日本が誇るクローザーだ。

 入団当初から中継ぎで活躍。クローザーに転向したのは昨年、福岡ソフトバンクの絶対的守護神・サファテ投手が股関節の故障により戦線を離脱したのがきっかけだった。突然の配置転向となるも、4月17日、18日の楽天戦で2戦連続でセーブを挙げると自身2度目のオールスターにも選出された。絶対的守護神不在に優勝が一時は危ぶまれた福岡ソフトバンクだったが、8月11日北海道日本ハム戦での救援失敗を最後にすべての登板機会でセーブを記録。圧倒的な存在感を放った。

 2019年シーズンは甲斐野央投手や高橋純平投手の活躍でブルペン陣が充実してきたが、工藤公康監督はやはり森投手に最終回を任せた。6月中旬から約1カ月間故障で離脱するも、安定した投球を披露し、依然として鷹のクローザーの座に君臨。35セーブにキャリアハイの防御率2.21を記録し、2年連続で日本一の胴上げ投手となった。

 以前まで守護神を務めていたサファテ投手が復活を期す中、オフには新たに4年契約を結び、ブルペン陣のリーダーとしてより一層のけん引が期待される森投手。そのタフさと安定感は折り紙付きで、東京五輪のメンバー入りを推す声も多い。森投手は2020年シーズンも必ずや、その鉄腕ぶりを見せてくれることだろう。

(2020/2/3 追記)

森唯斗投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

球団記録の更新、「勝利の方程式」入りを目指す。福岡ソフトバンクを支える熱き鉄腕・森唯斗投手
2017年シーズンは回跨ぎやロングリリーフなどあらゆる役割をこなした森投手。奪三振能力の高さと制球力を武器にブルペンを支え続けた。

ホークス森、NPB記録の7試合7連続セーブ。8日間7セーブの大車輪で獅子追撃
絶対的守護神・サファテ投手の故障離脱により、急遽役割を引き継いだ森投手。チームの窮地を救う活躍を見せ、9月には7試合連続セーブのNPB記録を樹立した。

あなたに眠る才能が見つかる?「パ・リーグ式血液型診断」
パ・リーグの様々な選手たちを血液型ごとに分類している。森投手はA型で、そのハートの強さは他のA型選手にも通ずるものがあるようだ。