【インサイト的選手名鑑】増田達至投手(埼玉西武) ~その実績は十二分。復活を期す獅子の守護神~

2019-04-24 16:00 「パ・リーグ インサイト」吉田貴

【9回裏】ライオンズ・増田が締めて開幕3連勝を飾る!! 2018/4/1 F-L(C)PLM

増田達至(ますだ・たつし)/投手

#14/1988年4月23日生まれ
180cm・88kg/右投右打


 柳学園高校 ‐ 福井工大学 - NTT西日本を経て、2012年ドラフト1位で埼玉西武に入団。最速150km/hを超える力強い直球を、ストライクゾーン内に正確に投げ込むテンポの良さが持ち味の投手だ。昨季は41試合に登板し、2勝4敗2ホールド、防御率5.17。他球団のクローザー達に比べ、やや不本意な成績に終わってしまったことは認めざるを得ないが、今季、増田投手を守護神に挙げることには明確な理由がある。

 もちろん、実績は申し分ない。2015年には72試合に登板し、42ホールドの活躍で最優秀中継ぎのタイトルを獲得。翌2016年には53試合に登板し、28セーブ、防御率1.66の安定感で、埼玉西武の守護神として定着した。ただ、2018年は序盤から安定感を欠き、守護神の座を新加入のヒース投手に譲る形となってしまった。

 今季の埼玉西武は、昨年に引き続き守護神として期待されていたヒース投手が不調で登録抹消、同じく昨季セットアッパーとして活躍したマーティン投手も安定感を欠くなど、試合終盤を任せられる投手がなかなか固定できていない。苦しい状況であるからこそ、どん底を味わったかつての守護神に期待せずにはいられない。昨季終盤は本来の投球を取り戻しつつあっただけに、自身の完全復活で目標のリーグ2連覇を後押ししてもらいたい。

増田達至投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

300試合登板を視界に捉えて、さらに信頼される投手へ。埼玉西武の10年ぶりの悲願達成には絶対的守護神が不可欠
https://insight.official-pacificleague.com/news/1117
昨季、大台となる300試合登板を達成。多くの試合を投げ、チームの勝利に貢献してきた増田投手。ファンは、再びその輝きを取り戻す時を心待ちにしている。