秋吉亮~トレード移籍から守護神へ。新天地で復活を遂げた変則右腕~(北海道日本ハムファイターズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-04-25 15:00 「パ・リーグ インサイト」東海林諒平

《THE FEATURE PLAYER》F秋吉亮 土俵際の粘り腰「0」で抑えることの難しさ(C)パーソル パ・リーグTV

秋吉亮(あきよし・りょう)/投手

#39/1989年3月21日生まれ
182cm・73kg/右投右打


 足立新田高校 - 中央学院大学 - パナソニックを経て、2013年ドラフト3位で東京ヤクルトに入団。1年目から中継ぎとしてチーム最多の61試合に登板し、2015年には球団新記録となる74試合に登板、翌年も70試合に登板した鉄腕だ。変則的な横手投げの秋吉投手。特に印象的なのは、グローブをはめた左腕を胸元に寄せずに大きく外に開く、一度見たら忘れられないフォームだ。最速150km/hのストレートを軸に、スライダー、チェンジアップ、シンカーと多彩な変化球を操り打者へ向かっていく投球スタイルが持ち味だ。

 日本代表にも選ばれるなどリーグを代表するリリーバーに上り詰めた秋吉投手だったが、2017年に故障離脱すると、安定感を欠く投球が目立つようになり、キャリア最小の43試合登板に留まった。翌年も開幕から調子が上がらず、35試合と登板数を減らし、防御率も4.23と不本意な結果に。オフには谷内亮太選手とともに、トレードで北海道日本ハムへ移籍した。

 新天地で迎えた2019年は、開幕一軍を勝ち取ると、中継ぎとして活躍。4月5日にクローザーを務めていた石川直也投手が不振により登録抹消されると、代役に抜擢され、4月12日に移籍後初セーブを記録。そこから守護神に定着し、53試合を投げ、防御率2.96、25セーブを記録。2016年以来3年ぶりに登板数が50試合を越えた。チームのAクラス復帰に向けて、かつての安定感を取り戻し、頼れる守護神として躍動できるか。

文・東海林諒平

(2020/1/29 追記)

ファイターズ・秋吉亮 移籍初!! 2年ぶりのセーブ挙げた(C)パーソル パ・リーグTV

秋吉亮投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

北海道日本ハム秋吉が新天地でキャリアハイ狙う 「下からはい上がっていきたい」
直近の2年間は故障に泣いた秋吉投手。新天地で迎えた今季は過去の実績を振り返らず、プロの世界へ足を踏み入れた時と同じ気持ちで、チームのためにフル回転すると誓った。