【ファーム】小島和哉投手が3被弾も 千葉ロッテが巨人に辛勝

2019-04-25 16:15 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・高濱の逆転タイムリーヒット‼ 2019/4/25 M-G

 4月25日にロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテ対巨人のイースタン・リーグ公式戦第5回戦は、5対4で千葉ロッテがシーソーゲームを制し、このカード勝ち越しを決めた。

 初回、千葉ロッテのルーキー・小島和哉投手が巨人の2番・加藤脩平選手から第3号ソロを浴び、突然の先制を許す。

 一方の千葉ロッテ打線は2回裏、巨人・ヤングマン投手から7番・高濱卓也選手の安打などで無死1,3塁の好機を得ると、8番・茶谷健太選手が一二塁間を破る安打でこれを援護。さらに1番・岡大海選手の左安打で追加点を挙げ、2対1と逆転に成功する。

 しかし、直後の3回表には巨人の8番・山下航汰選手から第2号ソロを、4回表には5番・岸田行倫選手から第1号ソロを浴び、再び巨人にリードを許す。さらに5回表、この回からマウンドに上がった千葉ロッテ・中村稔弥投手も山下選手から三塁打を浴びるなど1点を献上し、2対4に。

 反撃をしたい千葉ロッテは6回裏、巨人・坂本工宜投手から代打・和田康士朗選手の安打などで無死3塁とすると、茶谷選手の二塁打で1点を返す。続く7回にも代打・山口航輝選手や高濱選手の安打で2点を奪い、5対4と勝ち越しに成功する。

 その後は中村投手、阿部和成投手とレイビン投手が巨人打線を抑え、試合終了。

 千葉ロッテと巨人のイースタン・リーグ公式戦第5回戦は、5対4で千葉ロッテが勝利した。9回表まで一打逆転の危機を背負ったが、千葉ロッテ投手陣の粘投が勝利を呼び寄せた。

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/