益田直也~返り咲いた守護神。抜群の安定感を誇るタフネス右腕~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-04-25 17:00 「パ・リーグ インサイト」東海林諒平

【9回表】最後はマリーンズの守護神・益田が締めて、ホークスに3連勝!! 2019/4/18 M-H(C)パーソル パ・リーグTV

益田直也(ますだ・なおや)/投手

#52/1989年10月25日生まれ
177cm・80kg/右投右打


 市和歌山商高校 - 関西国際大学を経て、2011年のドラフト4位で千葉ロッテに入団。2019年シーズンは60試合に登板し、4勝5敗12H27S、防御率2.15。サイドスロー気味のスリークォーターから150km/h越えるストレートを投じ、スライダー、シンカー、カットボールといった多彩な変化球を駆使して凡打の山を築く、リーグを代表するリリーバーだ。

 2012年シーズンはルーキーながらリリーフとしてフル回転。72登板で41ホールド、防御率1.67の好成績で新人王を獲得。2013年は開幕からクローザーを務め、リーグ最多の68試合登板、33セーブを記録し、最多セーブ投手賞を受賞、日本代表にも選出された。5年連続50試合登板を達成、プロ入りから7年で412試合に登板するなど、ブルペンを支え続けた。

 一時不調でクローザーの座から降りたものの、2018年は開幕から大車輪の活躍を続け、チームトップの70試合に登板。2019年シーズンは開幕からクローザーを務め、27セーブを挙げ再びチームの守護神を勝ち取った。オフには国内FA権の行使をせずに千葉ロッテに残留を決意。チームリーダーとして、リリーフ陣をけん引していく。

(2020/1/31追記)

文・東海林諒平

益田直也投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

5年連続50試合登板の千葉ロッテ・益田投手を支える、「負けん気」
史上4人目となるプロ1年目から5年連続となる50試合を達成した益田投手。そんな鉄腕を支えているのは持ち前の「負けん気」だった。