新加入で鷹キャンプMVPに選出。西田選手が新天地で驚かされたこと「ベテランが…」

2018-02-27 13:28 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・西田哲朗選手

福岡ソフトバンク・西田哲朗選手

楽天からトレード加入の西田選手、工藤監督は「全てに対して全力」

2年連続の日本一を目指す福岡ソフトバンクに加わった新戦力。その1人が山下斐紹捕手とのトレードで、楽天から加入した西田哲朗内野手である。

本職の遊撃手に加え、二塁手、三塁手をこなせるユーティリティーさを持ち、パンチ力ある打撃にも定評のある内野手だ。

初めて福岡ソフトバンクのユニホームに袖を通して過ごした宮崎での春季キャンプ。連日、居残りで打撃マシンに向かい、バットを振り込む姿が印象的だった。

キャンプ打ち上げとなった26日には、工藤公康監督が「全てに対して全力で頑張っているというところを評価しています」と、甲斐拓也捕手とともにキャンプのMVPに挙げられた。

その西田選手は、新天地でのキャンプを終え「いい選手ばかりで自分にとってはプラスになることだらけだった」と語った。その中でも、何か驚いた違いはあるか、と聞くと、ある答えが返ってきた。

「試合に出ているベテランの選手たちが率先して声を出して引っ張っていますよね。シートノックにしても、松田さんや川島さんが凄く声を出している。『声出てるか?』と言われて、こっちも声を出している間にシートノックが終わっている。刺激を受けましたし、自分もやらないといけないなと思いましたね」

昨季、シーズン途中まで首位を争っていた楽天に在籍した西田選手が言うのだから、それは際立っているのだろう。福岡ソフトバンクの特徴である声、そして元気。松田宣浩内野手や川島慶三内野手が中心となって作り出される空気は圧巻の一言だ。

ピリッとした緊張感がグラウンド上に感じられ、選手たちの集中力も高まる。ダラダラとした空気はなく、ここに常勝軍団たる所以があるとも言える。