【MLB】エンゼルス指揮官、初安打&初打点の大谷選手称賛「翔平にとっていい日だった」

2018-02-27 14:00 「Full-Count」編集部
エンゼルス・大谷翔平選手

エンゼルス・大谷翔平選手

打者デビュー戦で1安打2四球1打点、出塁率は10割

エンゼルス大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、敵地パドレス戦での打者デビューで3打席に立ち、1安打2四球1打点の活躍だった。エンゼルスのソーシア監督は「ヒットを打って、打点もあげて。翔平にとっていい日だった」と目を細めた。

第1打席は、カウント0-2から球をしっかり見極めて四球で出塁。第2打席にもカウント3-1から四球を選び、次打者の暴投ですかさず二進した。

快音を響かせたのは第3打席だ。4点を追う5回1死2塁の場面で、パドレス3番手マリオット投手の初球を思い切り振り抜くと、打球はセンターへ抜ける適時打となった。

オープン戦とはいえ、打者として初めて出場したメジャーの試合。ここから打者としても、メジャーに適応するための調整が必要だ。ソーシア監督は「メジャー投手がどうストライクを投げるか、どうピンポイントの制球で投げてくるか。打者はそれに反応しなければいけない。今は球速や生きた球に慣れることが大事」と話し、“目慣らし”の段階でもきっちり結果を出した大谷選手を評価した。

27日(同28日)ロッキーズ戦での打者出場について、指揮官は「可能性はある」とだけ話した。