周東佑京選手(福岡ソフトバンク) ~育成から主力へ。快足を飛ばすユーティリティ~【インサイト的選手名鑑】

2019-04-29 19:00 「パ・リーグ インサイト」東海林諒平

ホークス・周東 ファインプレー&プロ初安打がHR

周東佑京(しゅうとう・うきょう)/内野手 右投左打

#23/1996年2月10日生まれ
179cm・67kg/右投左打


 東京農大二高校 - 東京農業大学北海道オホーツクを経て2017年育成ドラフト2位で福岡ソフトバンクに入団。2018年シーズンはファームで90試合に出場し、打率.233、14打点、0本塁打、27盗塁。広角に打ち分ける打撃、50メートル5秒台の快足に加え、内外野を守れるユーティリティさも兼ね備える期待の若手だ。

 1年目の昨季は、競争の激しい福岡ソフトバンクの二軍戦に開幕戦から出場を果たすと、その後も活躍を続け、フレッシュオールスターゲームに選出。チームウエスタンの9番・右翼で先発出場すると、2安打を放つ活躍を見せ、優秀選手賞に選出された。最終的にはリーグトップの27盗塁をマークし、オフにはU23の代表にも選ばれるなど充実したルーキーイヤーを送った。

 今季は一軍キャンプに帯同し、オープン戦に14試合出場、打率.091と成績は振るわなかったが開幕前に支配下登録され、背番号は121から23に。開幕からは二軍で過ごす日々が続いていたが、主力選手が相次いで故障離脱したことをきっかけに、4月6日に一軍に昇格。21日の埼玉西武戦に先発出場すると、プロ初安打となる1号ソロを放つなど4打点を挙げる活躍を見せ、その名を轟かせた。次なる目標の定位置奪取に向け、周東選手の挑戦は続いている。

周東佑京選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

侍ジャパン・一軍球宴の実績あり。フレッシュオールスター「優秀選手」という有望株
https://insight.official-pacificleague.com/news/5655
若手の登竜門として縁起が良い「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」の「優秀選手」に選出された周東選手。以降も活躍を続け、支配下登録への階段を駆け上がっていった。

支配下登録の周東、韋駄天で1軍アピールだ「やっとスタートが切れた」
https://insight.official-pacificleague.com/news/12176
3月26日に支配下選手契約を結んだ周東選手。オープン戦での打率は振るわなかったが、内外野を守れるユーティリティ性と、昨季ウエスタン・リーグトップの27盗塁をマークした快足が評価され、背番号「23」を手に入れた。