ホークス東浜投手は2回無失点の好投 仕上がり順調で「内容的には良かった」

2018-02-27 18:15 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・東浜巨

福岡ソフトバンク・東浜巨

今季初対外試合となった千葉ロッテ戦で好投「もう少しかなというところはある」

福岡ソフトバンクの東浜巨投手が、順調な仕上がりぶりを見せた。27日、宮崎市のアイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」の千葉ロッテ戦に先発し、2イニングスを無失点に抑えた。

この日が対外試合初戦のホークス。その先発マウンドに立った東浜投手は初回、荻野貴選手を右飛、ルーキー・菅野選手を二ゴロ、中村選手を二飛に打ち取り、簡単に3者凡退に。2回には井上選手を空振り三振、鈴木選手に中前安打を浴びたが、ルーキーの安田選手を左飛、加藤選手を内角低めの真っ直ぐで見逃し三振に抑え込んだ。

この日は最速148キロをマークし、ストレートの威力も上向いてきている右腕。降板後は「内容的には良かった。真っ直ぐをコースに投げること、力で押すところだったり、変化球をボールにするところ、試合のためのピッチングを意識した。やることは出来たけど、もう少しかなというところはある」と振り返った。

3月3日、4日のENEOS 侍ジャパンシリーズ「日本vsオーストラリア」の侍ジャパンメンバーに選ばれている右腕。千賀滉大投手ら最多7人が選ばれているチームメートとともに、28日にチームを離れて、代表に合流する。