【ファーム】土壇場で九鬼隆平が同点打。鷹と広島の3戦目は引き分けに

2019-05-03 17:14 「パ・リーグ インサイト」編集部
9回裏2死から同点打を放った九鬼隆平選手(C)PLM

9回裏2死から同点打を放った九鬼隆平選手(C)PLM

 5月3日、タマスタ筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第9回戦は、4対4で引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンク・中田賢一投手、広島・遠藤淳志投手の先発で始まった試合は2回表、正隋優弥選手のタイムリーで広島が先制。しかしその裏、コラス選手が安打と盗塁で2塁へ進むと、7番・栗原陵矢選手にタイムリーが生まれ、すぐさま試合を振り出しに戻した。

 以降は5回まで追加点を許さない好投を見せていた中田投手だったが、6回表に制球を乱し1死満塁のピンチを招くと、押し出し四球を与えたところで降板。後を受けた育成の渡辺健史投手は、犠飛で1点を追加されるも最少失点で切り抜けた。

 勝ち越された福岡ソフトバンクは、直後の6回裏に反撃。この回先頭の1番・真砂勇介選手が二塁打で出塁し、進塁打で3塁へ進むと、3番・塚田正義選手の犠飛で生還。さらに4番・コラス選手の二塁打からチャンスを作り、6番・美間優槻選手が同点タイムリーを放って、3対3と再び試合を振り出しに戻した。

 7回表、回またぎでマウンドに上がった渡辺投手が、下水流昂選手に2号ソロを浴び勝ち越しを許す。以降は8回表を杉山一樹投手、9回表を笠谷俊介投手が無失点でつなぎ、打線の反撃を待つ。

 そして迎えた9回裏、遠藤投手の前に2死まで追い詰められた福岡ソフトバンクだったが、栗原選手が安打で出塁すると、続く九鬼隆平選手がセンターの頭上を越えるタイムリーを放って同点に。なおも2死2塁の場面だったが、最後は増田珠選手がニゴロに倒れて試合終了。福岡ソフトバンクと広島の第9回戦は、4対4で引き分けに終わった。

 123456789 計
C 010002100 4
H 010002001 4

C遠藤淳志
H中田賢一-渡辺健史-杉山一樹-笠谷俊介

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/