【MLB】打者・大谷翔平選手、満点デビューに満点笑顔「すごい楽しかった。すごく充実」

2018-02-28 12:00 「Full-Count」編集部
打者として鮮烈なオープン戦デビューを果たしたエンゼルス・大谷翔平選手

打者として鮮烈なオープン戦デビューを果たしたエンゼルス・大谷翔平選手

3打席であらゆる状況に対応「すごく内容が濃かった」

エンゼルス大谷翔平選手が“打者"初実戦で満点デビューを飾った。「2番・DH」で先発した26日(日本時間27日)敵地パドレス戦で1安打2四球1打点を記録。出塁率10割をマークした3打席に「すごく内容が濃かったんじゃないかと思います」と大きく頷いた。

先発野手が交代する5回終了時までに、できるだけ多くの打席に立たせたいソーシア監督の意向で「2番」で先発。1回1死走者なしで立った第1打席は、1球目は見逃しストライク、2球目は空振りで、いきなり追い込まれた。実戦初打席。“ルーキー"なら打席で慌ててもおかしくない場面だが、ここからしっかりボールを見極め、6球目で四球を選んだ。

先発右腕から2番手左腕に代わった3回1死走者なしの第2打席では、2ボールから3球目の外角ツーシームを空振り。だが、ここからもしっかり2球を見送って四球で出塁。2打席で11球を見ると「右左しっかり見極めながら本当にいい打席が多かったんじゃないかな、と思う」と自己評価した。

0対4で迎えた5回1死2塁。走者を得点圏に置いて迎えた第3打席は、「積極的にいきました」と初球の150キロ速球をフルスイング。快音を響かせた打球はセンター前に抜けるタイムリーとなった。この一打をきっかけに打線がつながり、チームはこの回4点を挙げて同点に追い付いた。