山川穂高~もう止められない。おかわりならぬどすこいアーチ~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-05-06 11:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》L山川穂高 純度100%のスラッガー『パ主催の全弾』まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

山川穂高(やまかわ・ほたか)/内野手

#3/1991年11月23日生まれ
176cm・108kg/右投右打


 沖縄・中部商業高校、富士大学を経て、2013年のドラフト2位で埼玉西武に入団。プロ入り3年目の2016年にわずか49試合で14本塁打を放ってその長打力の片鱗を見せると、続く2017年には78試合で打率.298、23本塁打、61打点とさらに成績を伸ばす。シーズン終盤には中村剛也選手に代わって4番にも定着し、名実ともに「おかわり2世」として君臨するための足掛かりを作った。

 開幕から全開での活躍が期待された2018年だったが、オープン戦では打率.136と絶不調に陥ってしまう。しかし、シーズンに入ってからは一転して快打を連発。強力打線の4番を務めるに相応しい豪快なアーチを量産し、全143試合に出場して打率.281、47本塁打、124打点という圧巻の成績を残した。チームのリーグ優勝にも大きく貢献し、本塁打王に加えてリーグMVPを獲得。大いにその名を上げる1年とした。その勢いは昨季も止まらず、3・4月だけで11本の本塁打を放ち月間MVPを獲得。後半戦は調子を落としながらも本塁打を放ち続け、2年連続の本塁打王・ベストナインの称号を手にした。

 昨季は本塁打王のタイトルは獲得したものの、後半戦は不調に喘ぎ4番を外されるなど、悔しさも残るシーズンとなった。今年は4番の座をシーズンを通して守り抜き、チームを3連覇、そして念願の日本一へと導きたい。

(2020/1/31追記)

山川穂高選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

埼玉西武・山川選手「ただの練習不足、技術不足」とレベルアップに意欲
昨年、埼玉西武はリーグ優勝を果たしながら、CS敗退でシーズンを終えた。チームをけん引し続けた若き主砲が敗戦直後に語ってくれたこと。

中村剛也選手、山川穂高選手のホームランキャッチバイト! ラッキーボーイ&ガールは本塁打王の打球を捕れるのか!?
アルバイトの男女が、埼玉西武キャンプで主砲2人のホームランをキャッチを試みた。人柄も人気の理由です。