【ファーム】ドラ6田宮裕涼選手が勝ち越し打! 北海道日本ハム連敗ストップ

2019-05-07 16:05 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズのルーキー・田宮 ライトオーバーの勝ち越し2点タイムリー2ベースヒット!! 2019/5/7 M-F(ファーム)

 5月7日、ロッテ浦和球場で行われたイースタン・リーグ公式戦、千葉ロッテ対北海道日本ハムの8回戦は、北海道日本ハムのルーキー・田宮裕涼(たみや・ゆあ)選手が勝ち越し打含む2安打3打点と活躍。チームは5対1と快勝し、連敗を6で止めた。

 北海道日本ハムは初回、1番・石井一成選手が1ボール2ストライクからの4球目を振り抜き、ライトへ1号ソロを放つ。6連敗中の北海道日本ハムが千葉ロッテ先発の土肥星也投手から幸先よく先制点を挙げる。

 すると、千葉ロッテは2回裏、1死から5番・菅野剛士選手と6番・李杜軒選手の連打でチャンスを作ると、ルーキーの7番・山口航輝選手が同点の犠飛。試合序盤で1対1の振り出しに戻した。

 先頭打者本塁打を許した土肥投手だが、それ以降はストライク先行の投球で北海道日本ハム打線につけ入る隙きを与えない。2回表と6回表に3者連続三振を奪うなど、6回を終えて毎回の12奪三振、被安打5の1失点という好投を見せる。

 ところが7回表、北海道日本ハムが快調に飛ばす土肥投手をとらえた。先頭の5番・谷口雄也選手がファウルで粘った末、11球目で安打を放つ。6番・姫野優也選手がバントすると、打球処理の土肥投手は一塁へ悪送球して無死1,2塁に。続く7番・万波中正選手はきっちり犠打を決め、1死2,3塁とチャンス拡大。この場面で途中出場のルーキー・田宮選手が積極的に初球打ち。右翼手の頭を超える2点適時二塁打が飛び出し、北海道日本ハムがついに勝ち越した。

 3対1で迎えた9回表、北海道日本ハムは先頭の谷口選手が千葉ロッテ・島孝明投手から貴重な追加点となる2号ソロ。なおも姫野選手が二塁打で続くと、1死から田宮選手が適時打を放ち、千葉ロッテを突き放した。

 5対1で勝利した北海道日本ハムは連敗が6でストップ。谷口選手は本塁打含む3安打、田宮選手は途中出場ながら2安打3打点、石井選手は先制弾含む2安打と活躍した。

 敗れた千葉ロッテは打線が中盤の好機を生かせず。5回裏1死1,3塁、7回裏1死3塁の場面で、いずれもルーキーの藤原恭大選手が藤岡貴裕投手に三振を喫してしまった。先発の土肥投手は7回を投げ、毎回の14奪三振、被安打7の3失点だった。 


  123456789 計
日 100000202 5
ロ 010000000 1

日 浦野博司-ハンコック-○藤岡貴裕-立田将太
ロ●土肥星也-東妻勇輔-島孝明-山本大貴

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/