北海道日本ハム清宮選手、プロ初安打はフェン直二塁打「無我夢中」「あんまり覚えてない」

2018-02-28 19:33 「Full-Count」編集部
二塁打を放った北海道日本ハム・清宮選手

二塁打を放った北海道日本ハム・清宮選手

138キロ直球を右中間へ運ぶ

北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手が28日、本拠地・札幌ドームでの国際交流試合・台湾ラミゴ戦に「7番・一塁」でプロ初スタメン出場を果たし、初安打を放った。

ここまで実戦は空振り三振、四球、四球という結果だった清宮選手。両チーム無得点の2回2死走者なしで最初の打席を迎えると、2ボールから左腕ダウンズ投手の138キロ直球をフルスイング。内角高めへの球を右中間フェンス直撃の二塁打とした。

清宮選手は実戦4打席目にしてプロ初安打。「真っ直ぐですね。(コースは)甘くはなかったですけれど、無我夢中でした。あんまり覚えていないです。(札幌ドーム初打席は)普段通りでした」とコメントした。