島内宏明~スッポンのような守備を見せるつなぎの4番~(東北楽天ゴールデンイーグルス)【インサイト的選手名鑑】

2019-05-08 19:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》球団記録を更新!! E島内宏明の『8月・38安打』まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

島内宏明(しまうち・ひろあき)/外野手

#35/1990年2月2日生まれ
180cm・75kg/左投左打


 石川・星稜高校から明治大学を経て、2011年のドラフト6位で楽天に入団。プロ入り2年目の2013年に97試合で打率.284、6本塁打と活躍し、上位へのつなぎ役としてスタメン出場の機会を大幅に増やす。シーズン終盤に故障で離脱してしまったが、球団創設後初となるリーグ制覇に貢献。自身を2011年のドラフトで最後に指名してくれた、明治大学の大先輩・星野仙一監督への“恩返し”を果たした。

 その後2年間は不振に陥ったが、2016年に114試合で打率.287、9本塁打と復調。続く2017年には初めて規定打席に乗り、打率.265、14本塁打と自身初の2桁本塁打を記録した。2018年には故障で103試合の出場にとどまったが、2年連続で規定打席に到達。打率を.292まで上昇させ、本塁打も2年連続の2桁となる11本を放つなど、打者としての進化を垣間見せた。

 そして迎えた2019年、島内選手はオープン戦で打率.359、OPS.918と好調な打撃を披露。すると、平石洋介監督は開幕戦で「つなぎの4番」として島内選手を抜擢した。4番で出場した4月20日のオリックス戦では、ホームランを放ち、史上11人目となる全打順ホームランの記録を達成するなど、存在感を示した。

 夏場からは主に2番、そしてシーズン終盤からは1番に座り、打線をけん引した。銀次選手に次ぐチーム2位の打率.287、チームトップの得点圏打率.342の成績を残し、契約更改では大台に到達した。

(2020/1/30 追記)

《THE FEATURE PLAYER》E島内 捕球したら離さない『スッポン外野守備』まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

島内選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

楽天が球団通算900勝目 オコエ瑠偉選手と島内宏明選手がアベック弾
4月20日、島内選手は4番でホームランを放ち「全打順ホームラン」を記録。チームの通算900勝に花を添えた。

上林誠知、島内宏明、二木康太……指名順位もなんのその。「ドラフト最下位」からの逆襲
2011年ドラフト6位で入団した島内選手。その年の「ドラフト最下位」から、着実にキャリアを積み重ね、不動のレギュラーのポジションを獲得するまでに至った。

期待の表れ? 監督の現役時代と同じ背番号を背負う選手たち
島内選手の背番号は2020年シーズンから監督に就任する三木肇監督が東京ヤクルトの選手時代に着用していた「35」。入団以来、変更をしていないこの背番号で新監督を支えたい。