高濱卓也選手が貴重な勝ち越し打。延長戦を千葉ロッテが制し3連勝

2019-05-09 22:23 「パ・リーグ インサイト」編集部

【11回表】勝負強さが光った!! マリーンズ・高濱が値千金の勝ち越し打!! 2019/5/9 L-M

 5月9日、県営大宮球場で行われた埼玉西武対千葉ロッテの第8回戦は、5対4で千葉ロッテが勝利。延長戦にもつれ込んだリリーフ勝負を制し3連勝とした。

 大幅に打線を入れ替えた埼玉西武が先手を取った。1回裏、昨季以来の1番に座った秋山翔吾選手が千葉ロッテの先発・岩下大輝投手からヒットを放ち出塁。そのまま1死2塁とすると、プロ入り初の3番に指名された源田壮亮選手が1,2塁間を破るタイムリーを放ち、1点を先制する。

 5回表、ここまで埼玉西武の先発・榎田大樹投手にノーヒットに抑えられていた千葉ロッテだったが、先頭の5番・レアード選手がチーム初ヒットとなるツーベースを放つ。これで勢いづいた千葉ロッテ打線は8番・吉田裕太選手、9番・三木亮選手にタイムリーが飛び出し、2点を挙げ逆転に成功。

 直後の5回裏、埼玉西武の9番・山野辺翔選手がプロ入り初ヒットのツーベースで出塁。1死満塁のチャンスで主砲の4番・山川穂高選手があわやホームランという打球を放ち、これがタイムリーツーベースに。埼玉西武が2点を奪い返し、再びリードを取った。

 リードを奪われた千葉ロッテだが6回表、4番・井上晴哉選手が高めのスライダーを捉え、レフトスタンドに同点のソロアーチを放った。これでスコアは3対3の同点に。試合は後半のリリーフ勝負へ。

 8回表、千葉ロッテはこの回からマウンドに上がった埼玉西武のヒース投手から2死3塁のチャンスを作り、7番・清田育宏選手がライト前へ貴重な勝ち越しタイムリーを放ち4対3とする。

 このままで終われない埼玉西武は9回裏、千葉ロッテの抑え・益田直也選手を攻める。四球と敵失で2死1,2塁とすると、代打・岡田雅利選手が低めの変化球をうまく捉え、セカンドの頭を越える起死回生のタイムリー。試合は延長戦へと突入した。

 延長で迎えた11回表、千葉ロッテは埼玉西武・マーティン投手から先頭の岡大海選手が出塁。1死2塁とし、ここで代打・高濱卓也選手がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、再び勝ち越しを決める。11回裏は西野勇士が締め、そのまま試合終了。

 埼玉西武と千葉ロッテの第8回戦は延長戦の末、5対4で千葉ロッテが勝利。リリーフ陣が粘りの投球を見せた千葉ロッテが3連勝を飾った。敗れた埼玉西武は5月に入ってから打線が不調。チャンスを生かしきれず、3連敗となった。