岡田雅利~チームとファンから愛されるキャラが魅力の捕手~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-05-09 22:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

【9回裏】野球は9回2アウトから‼ ライオンズ・岡田雅利の執念の同点タイムリー‼ 2019/5/9 L-M(C)パーソル パ・リーグTV

岡田雅利(おかだ・まさとし)/捕手

#2/1989年6月30日生まれ
173cm・80kg/右投右打


 大阪桐蔭高校から大阪ガスを経て2013年ドラフト6位で埼玉西武に入団。高校時代は北海道日本ハムの中田翔選手とバッテリーを組み、3年生時に出場した2007年の第79回選抜高等学校野球大会ではベスト8に進出した。埼玉西武ではチームの「いじられ役」。明るいキャラでチームからもファンからも愛される選手だ。

 大きなジェスチャーと投手のいいボールで攻めるリードで投手を引っ張る岡田選手は、2018年には主に十亀剣投手、今井達也投手らとバッテリーを組み52試合に出場。キャリアハイとなる打率.272、3本塁打をマークした。2019年は春季キャンプこそB班スタートだったものの、開幕1軍の座を手にし14試合でスタメンマスクを被った。打率も.262と好調だったものの、8月に靱帯損傷、手術を行い、長期離脱となってしまった。

 同期入団には今やチームの顔となった森友哉選手(ドラフト1位)、山川穂高選手(ドラフト2位)がいる。特に森選手は6歳年下であるが同じ大阪桐蔭出身の後輩、同ポジション。兄弟のような仲の良さを見せるが、同時に正捕手を争う「ライバル」だ。

 春季キャンプでの復帰が見込まれる岡田選手。今季こそは、ライバルたる森選手と切磋琢磨しながらシーズンを通してマスクを被り、3連覇、そして日本一を目指すチームを支えたい。

(2020/1/31追記)

岡田選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

埼玉西武岡田が語る正捕手への思いと森友哉へのライバル心「森を抜かさないと」
 2019年1月に行われたトークショーで今季への思いを語った岡田選手。オフにFAで炭谷銀仁朗選手が巨人へ移籍し、正捕手の座を争うのは同期、同出身校、同ポジションの森選手。後輩の実力を認める一方で、当然競争から引くつもりはない。

右肘手術を受けた埼玉西武岡田がリハビリスタート 「1月から投げられる」
 右肘を手術した岡田選手。2018年シーズン中は痛みと戦いながら試合に出ていたという。オフは西武第二球場でリハビリをこなし、シーズンでは問題なくプレーしている。大阪桐蔭の先輩・中村剛也選手から愛のあるイジりも。

「個」よりも「チーム」。埼玉西武ライオンズを陰で支える岡田雅利と熊代聖人の覚悟
 彼らは持ち前の明るさでチームを盛り上げる。トークショーに出れば、最前線でファンを楽しませる。しかし試合になると表情は真剣そのものだ。ベンチスタートでも一球一球をじっと見つめ、手をたたき、声を出す。ベンチに戻る仲間を迎え、来たるべき出番に備える。試合に出れば、全力でプレーする。自分の役割を真摯に見つめている彼らのチームへの思いとは。

文・丹羽海凪