北海道日本ハム栗山監督、大谷の復帰後初安打に笑顔「これで安心して野球ができる」

2019-05-10 16:47 「Full-Count」石川加奈子
今季初安打を放ったエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

今季初安打を放ったエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

10日のオリックス戦前に取材に応じ「生では見ていないけど」

■エンゼルス 13-0 タイガース(日本時間10日・デトロイト)

 北海道日本ハムの栗山英樹監督が10日、右肘のトミー・ジョン手術から復帰後初安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手を祝福した。

 大谷は9日(日本時間10日)、敵地でのタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。復帰3戦目となったこの日の第1打席で右前安打を放ち、10打席目で復帰後初安打を記録。続く第2打席では痛烈な内野安打を放ち、マルチ安打を記録した。

 2017年まで監督として大谷を指導してきた栗山監督はこの日、本拠地・札幌ドームでのオリックス戦前に行われた囲み取材で質問され「今日は(生放送では)見ていない。後で見たけどね」とうれしそうな表情。「左ピッチャーだったけど、全然打つと思って見ていた。これで安心して野球ができるのは事実」と笑顔で語り、愛弟子の復帰後初の快音に喜んでいた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)