千葉ロッテ打線13安打8得点の大爆発でついに貯金1! 福岡ソフトバンク3連敗

2019-05-10 21:15 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2回表】 序盤から畳みかける!! マリーンズ・鈴木の追加点となるライト前タイムリーヒット!! 2019/5/10 H-M

 5月10日、ヤフオクドームで行われた千葉ロッテ対福岡ソフトバンクの第7回戦は、打線が爆発した千葉ロッテが、9対1で快勝。福岡ソフトバンクは3連敗を喫した。

 福岡ソフトバンク・武田翔太投手、千葉ロッテ・二木康太投手の先発で始まった試合は、終始千葉ロッテが主導権を握る展開となった。まずは1回表、3番・角中勝也選手の一ゴロの間に先制。続く2回表は、7番・岡大海選手、9番・藤岡裕大選手のヒットで1死1,3塁の好機を得ると、1番・荻野貴司選手、2番・鈴木大地選手の連続適時打などで一気に3点を追加する。

 その後も勢いは止まらず、4回表にはここまで20打席ノーヒットと不振に苦しんでいた6番・中村奨吾選手のタイムリーなどでさらに4点を追加。4回までに10安打8得点と、打線が爆発し、福岡ソフトバンクの先発・武田投手をノックアウトした。

 4回途中からマウンドに上がった福岡ソフトバンク・川原弘之投手は、大量ビハインドの中、千葉ロッテの2番・鈴木選手のタイムリーで1点を許すものの、要所を締めるピッチングを見せる。7回、8回は今日一軍に昇格した椎野新投手が千葉ロッテ打線を無失点に抑え、「投」で一矢を報いた。

 このままでは終われない福岡ソフトバンクは、7回裏にグラシアル選手が二木投手からホームランを放って1点を返すものの、反撃はここまでで試合終了。最後は東條大樹投手が締め、千葉ロッテ対福岡ソフトバンクの第7回戦は、9対1で千葉ロッテが大勝した。

 勝利した千葉ロッテは連勝を4に伸ばし、貯金「1」を手にした。敗れた福岡ソフトバンクは、2夜連続サヨナラ負けの嫌な流れを断ち切ることができず、3連敗。先発した武田投手は4回途中8失点と、前回に引き続き不本意な投球内容。「ストレートも変化球も、ストライクとボール球がはっきりとしてしまった。自分の調子がどうとかではなく、8失点という結果をしっかりと受け止めないといけない。前回、前々回もチームに迷惑をかけた。本当に申し訳ない」と肩を落とした。