鷹、対千葉ロッテ4連敗6敗目も工藤監督「苦手意識はない」継投ミスを反省も

2019-05-10 21:55 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

8失点KOの武田については「リリーフ回す可能性も」

■千葉ロッテ 9-1 福岡ソフトバンク(10日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクは10日、本拠地ヤフオクドームでの千葉ロッテ戦に完敗した。チームは今季2度目の3連敗を喫するとともに、千葉ロッテ戦は4連敗で対戦成績は福岡ソフトバンクの1勝6敗となった。

 先発・武田が3回2/3で8失点。打線は7回裏のグラシアルの5号ソロで零封負けを防ぐのがやっと。ジェット風船を飛ばし、グラシアルの一発を見届けた観客の多くが7回裏終了とともに一気に帰路に就いた。

 試合後の工藤公康監督は、武田の投球について「ブルペンでは今季一番いいくらいだったんですが……立ち上がりの四球とラン&ヒットでリズムを壊したかなと思います。(4失点した)4回のところは代えるのが僕のミスで遅くなりました」と自らの継投ミスも認めながら振り返った。

 降板後の武田は「8失点という結果をしっかりと受け止めないといけない」とコメントしたが、工藤監督は武田の今後の起用について「ボール自体は良かったので、その辺は考えます。試合が少ないのでリリーフに回す可能性もありますが、他の先発との兼ね合いもあるので」と語った。

 これで今季は千葉ロッテに対して1勝6敗となり、ゲーム差も2.5にまで迫られた。それでも指揮官は「苦手意識があるとは思っていません。明日やり返せるように頑張ります」と語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)