他球団も注目 タカガールデーの担当者に聞く ピンクリボン運動と球界発展

2019-05-10 22:39 「Full-Count」編集部
人気イベント・タカガールデーが4月22日に東京で初開催された※写真提供:Full-Count

人気イベント・タカガールデーが4月22日に東京で初開催された※写真提供:Full-Count

5月10、11日に本拠千葉ロッテ戦でタカガールデー開催 NPB初のピンクリボンユニ

 福岡ソフトバンクは11日と12日に行う千葉ロッテ戦(ヤフオクドーム)で、タカガールデーを開催する。「タカガールデー」はピンクを基調とした「タカガールユニホーム」が女性来場者全員にプレゼントされるなど、女性を対象とした様々な企画が実施される人気イベント。今回は初めて選手たちが「ピンクリボンユニホーム」を着て、プレーをする。4月22日には東京初開催するなど成功を収めている同イベントについて、広報室広報企画課の貞包武さんにイベントの狙いと、これからの「願い」を聞いた。

―女性をターゲットにしたイベントを東京で初開催した狙いは?

「ホークスでは鷹の祭典に次ぐ人気イベント。今年が(福岡へ球団)移転30周年ということで、そろそろ東京に進出していいのではないかという話になりました」

 ―初の東京開催も4万超えと盛況でした

「4月の平日夜でしたが、ファンの皆さまの支えがあって開催できました。チケットの初速の売れ行きは悪かったですが、タレントの若槻千夏さん、モデルのみちょぱさんにユニホームお披露目イベントに来ていただいて、PRしてもらい、東京のチケット促進につなげました。ホークスファン以外にも、野球を知らない女性の方にも、ユニホームがかわいいとか、おしゃれとか、グルメなどの切り口から、興味を持っていただきたいというのが、企画の根底にあります」

 ―認定NPO法人「ハッピーマンマ」と協力し、乳がんの検診による早期発見、乳がん患者とその家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン運動」として取り組みが共感を呼んでいます

「MLBでもマザーズデーとかありますよね。日本のプロ野球でもみんなでやろうという風になれば、そういう活動も活性化してくると思います。5月11、12日の千葉ロッテ戦では、NPB初のピンクユニホームを選手たちが着ます。ピンクリボン運動の後押しになれればと思っています。知るきっかけが必要なのかなと思うので啓蒙活動を続けていきたいです」

―他球団のスタッフもリサーチに来ていた

「このような活動はホークスだけで成立させてしまってはプロ野球も発展していかないと思っています。私たちも他球団のいいイベント見て、カスタマイズしていった例もあります。12球団が同じような形で盛り上がっていければいいなと思います」