8得点の北海道日本ハムが完勝。5回1安打無失点の杉浦稔大が今季初勝利

2019-05-11 17:08 「パ・リーグ インサイト」編集部

5/11 ファイターズ対ライオンズ ダイジェスト

 5月11日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対埼玉西武の第8回戦は、8対0で北海道日本ハムが完勝。この試合はパーソルホールディングスが冠協賛する「パーソルDAY」で、一般公募による始球式や、an超バイトの「カメラバイト」などが行われた。

 埼玉西武の先発は、令和初完封を決めた今井達也投手。この試合では制球に苦しみながらも2回を無失点に抑える。同じく前回登板で完璧な投球を見せた北海道日本ハム先発の杉浦稔大投手も、3回まで1安打無失点という好投を見せた。

 しかし3回裏から、序盤の展開とは裏腹に北海道日本ハムが試合のペースを握る。先頭の西川遥輝選手が安打で出塁すると、続く好調の2番・大田泰示選手が「(内角ストレートに)怖がらず、しっかり踏み込んで打つことができました」と振り返る先制の適時二塁打。さらに暴投や石井一成選手の適時打などで追加点を挙げ、この回4点のリードを奪う。

 さらに北海道日本ハム打線は4回裏、近藤健介選手と渡邉諒選手に適時打が飛び出し、2点を追加。そして5回裏には大田選手が「甘いところに入ってきたので、思い切って振り切れました。気持ちいいです」と手応え十分の6号2ランを放つ。北海道日本ハムはスコアを8対0とし、埼玉西武を圧倒した。
 
 北海道日本ハムは「投」でも、埼玉西武に付け入る隙を与えない。5回1安打無失点でマウンドを降りた杉浦投手の後は、6、7回表を堀瑞輝投手、8回表を鍵谷陽平投手、9回表をハンコック投手が無失点リレー。投打で主導権を握り、そのまま埼玉西武に完封勝利を収めた。

 試合は、8対0で北海道日本ハムが完勝し、カード勝ち越しを決めた。一発を含む2安打3打点の活躍を見せた大田選手を筆頭に、打線が12安打と爆発。先発の杉浦投手は安定した投球で今季初勝利を飾った。敗れた埼玉西武は今井達也投手が5回11安打7四球8失点と大誤算。打線も4安打無得点と沈黙し、5連敗となった。


文・鈴木海斗

今季初勝利を挙げた北海道日本ハム・杉浦稔大投手

今季初勝利を挙げた北海道日本ハム・杉浦稔大投手