【インサイト的選手名鑑】近藤健介(北海道日本ハム) ~夢の打率4割へ。天才の呼び声高い、卓越した打撃センスと選球眼を持つ若き好打者~

2019-05-15 22:25 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》F近藤 アグレッシブな好守備まとめ(怪我しませんように!!)

近藤健介(こんどう・けんすけ)/外野手

#8/1993年8月9日生まれ
173cm・86kg/右投左打


 横浜高校から2011年のドラフト4位で北海道日本ハムに入団。その打撃センスやバットコントロールは「天才」と形容されることも多く、逆方向に力強く伸びる打球も持ち味の一つだ。2018年までの通算出塁率が.397という卓越した選球眼も持ち合わせ、25歳の若さながら打者としての完成度はきわめて高い。通算打率も3割を超えており、リーグを代表する好打者のひとりとしてファイターズ打線の中軸を担う存在だ。

 近藤選手の打棒がとりわけ大きな話題を集めたのは、プロ入り6年目の2017年だった。この年はケガで57試合の出場にとどまりながら、231打席で打率.413、出塁率.567、OPS1.124という驚異的な成績を記録。ケガさえなければ首位打者はおろか、日本プロ野球史上前例のない4割打者誕生の可能性すらあったのではないかと思えるような、圧倒的な打撃内容を見せていた。

 守備面に目を向けると、近藤選手は入団当初、強肩の捕手として将来を嘱望される存在だった。しかし、2014年に三塁手のポジションで出場機会を増加させると、その後は指名打者や外野手として活躍を続けている。現在は主に左翼手を務めており、外野守備でもフェンスを恐れないガッツあふれるプレーをたびたび披露してファンを沸かせている。

 その抜群の才能は広く認められるところだが、プロ7年間で規定打席に到達したのは2015年と2018年の2回のみ。その2シーズンはいずれも.320を超える高打率を残しているが、度重なるケガが近藤選手のさらなる飛躍を阻んでいる面もある。それでも、2018年には自身初タイトルとなる指名打者部門のベストナインを受賞し、2019年3月には結婚を発表。公私ともに充実の一途をたどる天才打者は、今季こそ年間を通じて離脱することなく、その芸術的な打撃を見せ続けてくれるだろうか。

近藤選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

北海道日本ハム近藤が目標の大台到達 来季の首位打者獲りへ柳田&秋山に真っ向勝負
https://insight.official-pacificleague.com/news/9801
年俸の昇給額の一部を使って、毎年1月の自主トレで使用している鹿児島県・徳之島の施設のためにマシンとネットを購入し、自主トレ後も現地の利用者に使ってもらうという「恩返し」のプランも明かした近藤選手。2019年の目標として、「これからもずっと獲りたいタイトル」と語る首位打者獲得に加えて、自身初の全試合出場も同時に掲げていた。

王選手が北海道日本ハムで気になるのは? 監督も「近ちゃんと競って大記録を」
https://insight.official-pacificleague.com/news/10092
北海道日本ハムで気になる選手は? という質問に対し、U21の時に対戦経験がある、という理由で近藤選手の名前を挙げた王柏融選手。台湾球界で2年連続の打率4割超えを達成した経験を持つ王選手と、2017年に規定打席未満ながら打率.413を記録した近藤選手のコンビに対して、栗山英樹監督も大きな期待を寄せていた。

北海道日本ハム近藤がスーパーキャッチ。猛ダッシュ→ためらいなくフェンスへダイブ
https://insight.official-pacificleague.com/news/6180
北海道日本ハム・近藤が圧巻の美技!ジャンプ一番、臀部から着地もボール離さず
https://insight.official-pacificleague.com/news/7794
近藤選手が2018年に見せた2つのファインプレーを動画付きで紹介。フェンスに激突しながらファウルフライを捕球したシーンでは、マウンドに上がっていたマイケル・トンキン投手も笑顔のガッツポーズで近藤選手の好守を称えた。守備でも球場の雰囲気を変えることができるポテンシャルが、この2つのプレーからも垣間見える。