鷹ミランダ、母の日の白星狙う「特別な日であることは間違いない」

2019-05-12 11:12 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

制球重視で千葉ロッテ打線に挑む「ストライクゾーンで勝負したい」

■福岡ソフトバンク – 千葉ロッテ(12日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ投手が12日の千葉ロッテ戦で自身とチームの連勝を狙う。

 5日のオリックス戦で今季2勝目を挙げ、工藤公康監督の誕生日に白星をプレゼントしたミランダ。今回は母の日登板とあって「母の日が特別な日であることは間違いない。しっかりお祝いできるように」と遠く離れた母親への白星プレゼントを目指す。

「ストライクゾーンでしっかりと勝負したい。でも、いつも通りの投球を心掛けるよ」という。前回の登板ではストレートが最速150キロを計測したが「球の速さは1つの目安にはなるが、そこまで気にしていない。それよりもコントロールが大事」と、制球力で好調千葉ロッテ打線に勝負をかける。

 11日は千賀が悪いなりにも粘りの投球を見せてチームの連敗を止めた。ピンクに染まるスタンドの声援を力に変えて、このカードの勝ち越しと自らの2連勝を狙っていく。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)