【インサイト的選手名鑑】荻野貴司(千葉ロッテ) ~1番という仕事の大切さ。パ最年長? イケメンスピードスター~

2019-05-12 12:55 「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

《THE FEATURE PLAYER》M荻野貴 勝負強さを発揮する 幕張のスピードスター

荻野貴司(おぎの・たかし)/外野手

#0/1985年10月21日生まれ
172cm・75kg/右投右打


 郡山高校、関西学院大学、トヨタ自動車を経て2009年のドラフト1位で千葉ロッテに入団したスピードスターだ。大学時代は北海道日本ハムの宮西尚生投手と、社会人時代はチームメイトの大谷智久投手と同期だった。

 その持ち味はもちろん俊足。2010年のルーキーイヤーから、46試合出場で25盗塁という驚異的な俊足を披露し、瞬く間に韋駄天としての地位を確立する。しかし、相次ぐケガに悩まされ、100試合以上に出場したのはプロ10年間で2回だけ。それでも全シーズン2桁盗塁を記録しており、快足とケガの多さは彼を語るうえで欠かせない要素だ。

 そんな中で迎えた2017年、「ケガを0に」という決意のもと、背番号を「4」から「0」へ変更したことが契機に。打撃不振で二軍落ちを経験しつつも、大きな故障を経験せずに1年を過ごす。翌年は開幕から不動のリードオフマンとして打線をけん引し、初のオールスター選出も決めた。7月に右手指を骨折し、またもケガに泣かされるものの、その離脱によってチーム成績が急降下。改めてチームに欠かせない存在であることを証明した。

 2019年も1番打者としてチームを引っ張っており、5月上旬まで得点圏打率は5割超えと絶好調。「千葉ロッテイケメン5」で殿堂入りを果たした端正な顔立ちながら、カメラを向けられると恥ずかしがる照れ屋な一面も魅力的な荻野貴選手。セールスポイントは自称「足(負けるけど負けたくない)」だけに、30歳を超えても衰えを知らないイケメンスピードスターとして、今年も若手に負けじとダイヤモンドを駆け抜ける。

荻野貴選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

ケガ0の願いは叶わず…最年長外野手として迎える千葉ロッテ・荻野貴司の10年目
https://insight.official-pacificleague.com/news/9379
2018年の総括と、最年長外野手として迎える2019年への意気込み。「パーソル パ・リーグTV」動画「《THE FEATURE PLAYER》 幕張の韋駄天の好走塁フルコース」も必見だ。

陽射しが似合う男・マリーンズ・荻野貴 自慢の足でもぎとった先制点