矢野謙次特命コーチ(北海道日本ハム)が、アメリカコーチ留学で学んだこととは?

2019-05-13 08:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

 振り返ってみても、矢野謙次氏の勝負強さは指折りだった。現役時代は巨人・北海道日本ハムで主に代打の切り札として活躍。2018年シーズンをもって16年間の現役に幕を下ろしたが、その最終打席も代打で見事なレフト前ヒットを放つ。直後の引退セレモニーと引退会見でチーム、ファン、そして北海道という地への恩と慕情を語った姿は、ファンの脳裏に深く刻み込まれているだろう。

 引退後は北海道日本ハムでチーム統轄本部特命コーチに就任。そして米メジャーリーグのテキサス・レンジャーズにコーチ留学を果たした。実は、北海道日本ハムがコーチ留学としてMLBへ派遣したのは3人目で、金子誠氏、中嶋聡氏が当時業務提携を結んでいたサンディエゴ・パドレスへ行っている。チームは2018年よりレンジャーズと業務提携を結び、その年に統轄本部国際グループの榎下陽大氏(元投手)を送り、翌2019年2月に矢野コーチを派遣した。矢野コーチのインスタグラムでは、バディーを組む榎下氏とアメリカンライフを楽しんでいる様子や、溌剌とした姿を見ることができる。4月某日、一時帰国中の矢野コーチとファイターズ鎌ケ谷スタジアムで会い、メジャーリーグで学んでいること、アメリカでの生活、そしてチームに還元したいことをうかがった。

「謙次の好きなように」と言われて

当初はマイナーリーグでのコーチ研修の予定だったんですが、レンジャーズのベンチコーチのドン・ワカマツさんがメジャーのキャンプで勉強できるように計らってくれたんです。現役時代の37番のユニホームも用意していただき、なに不自由なくスタートしました。チームからもワカマツコーチからも、「謙次の好きなようにやってくれ」と言われたので、本当に好きなようにやらせてもらいました。

 メジャーの選手は朝の5時に球場に来るんですよ。しかもトレーナーたちはもっと早い。全体練習が12時半とか13時くらいに終わったら、選手のケアの様子も見せてもらいました。メジャーの練習が終わったらマイナーが練習をやってるので、それを16時くらいまで見学。さらにレンジャーズとロイヤルズのグランドで大学野球の試合もやっていたので、それも見てーーというのが、大体の一日の流れです。好きに動いていいし、ピッチャーを見たかったら勝手にブルペンに行ってもいいし、マイナーで練習試合やってたらそちらに行ってもいい。

 レンジャーズとは提携して2年目なんですけど、去年から榎下くんの派遣があっての僕だったと思うんです。でもその前に“大きかった”と思ったのは、ダルビッシュ投手や、上原(浩治)投手、建山(義紀)さんなど、日本人投手がレンジャーズでプレーしたことがあって、その方々が実績を残し、日本人選手とコーチやチームスタッフがいい関係を築けていたという下地があったことです。例えば「ダルビッシュはこうだった」「建山はこう言っていた」「彼らはこういう日本語を教えてくれたんだよ」というやり取りができたんです。それがあったから日本人の僕はやりやすかったし、球団側も受け入れやすかったんだと思います。3人のおかげです。

 アメリカでの生活は、もう楽しすぎて、帰りたいなんて一度も思わなかった。行く前に「食事がしんどいよ」と周囲から言われていたんですけど、僕はそんなんことはなくて。日本食がなくても全然大丈夫でしたし、毎日楽しかったですね。クラブハウスでの食事も、メジャーの選手と同じものを食べさせてもらったのですが、やっぱりおいしいんですよ!

次のページ → アメリカの球団にあって、日本の球団にはないもの