北海道日本ハム杉谷、開口一番「今日はすみませんでした!」 痛恨の牽制死を猛省

2019-05-12 22:20 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・杉谷拳士※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

北海道日本ハム・杉谷拳士※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

「盗塁しようと思って。でも、冷静に状況を考えれば…」

■埼玉西武 6-3 北海道日本ハム(12日・札幌ドーム)

 北海道日本ハムの杉谷拳士が12日、本拠地・埼玉西武戦での痛恨の走塁ミスを猛省した。

 7回、谷口雄也外野手の復活2ランで3点差に追い上げた直後に代打で登場した杉谷は、埼玉西武の2番手・平井から左中間を破る二塁打で一気に流れを呼び込んだ。2死後に西川遥輝外野手が四球を選び、打席には絶好調の大田泰示外野手を迎えた場面。一発出れば同点の期待が高まる中、カウント1-2から二走の杉谷が平井の牽制で刺され、チェンジとなった。

 試合後にロッカールームから出て来ると開口一番「今日はすみませんでした!」と頭を下げた。「ノーマークだったし、泰示も(タイミングが)合っていなかったので、盗塁しようと思って。でも、冷静に状況を考えれば、無理して仕掛けるところじゃなかった。申し訳ないです。せっかく雄也が打って、流れが来たのにつぶしてしまった。一番やっちゃいけないプレー」。一気にそうまくしたてて自分を責めた杉谷。最後は「新しい試合に向けて切り替えます」と前を向き、球場を後にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)