【インサイト的選手名鑑】渡邉諒(北海道日本ハム)~レジェンドの後継者・筆頭候補。思い切りのよさが光る若き二塁手~

2019-05-13 19:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

ファイターズ・渡邉 3安打猛打賞に守備でも魅せた!!

渡邉諒(わたなべ・りょう)/内野手

#23/1995年4月30日生まれ
178cm・80kg/右投右打


 山梨・東海大甲府高校から2013年のドラフト1位で北海道日本ハムに入団。2018年の成績は60試合で7本塁打、14打点、打率.242。思い切りのいい引っ張りから放たれる打球は広い札幌ドームでも威力を発揮し、たびたび貴重なホームランを放ってチームを救っている。また、元々は遊撃手だったこともあって高い身体能力も備えており、足の運びと反応の良さ、そして巧みなグラブさばきと強肩を活かした二塁守備でもチームに貢献している。

 2013年のドラフト1位指名選手は、松井裕樹投手(楽天)、森友哉選手(埼玉西武)、石川歩投手(千葉ロッテ)、吉田一将投手(オリックス)、加治屋蓮投手(福岡ソフトバンク)と粒ぞろいだった。セ・リーグでも小林誠司選手(巨人)、岩貞祐太投手(阪神)、大瀬良大地投手(広島)が指名を受けており、上位指名の選手の多くが各球団にとって貴重な戦力となったドラフトだった。

 そんな「当たり年」に1位指名を受けた渡邉選手も球団から大きな期待をかけられ、プロ1年目の2014年から早くも一軍での出場機会を得ていた。しかし、ケガもあってなかなか1軍に定着できないまま4年間が経過。それでも鎌ケ谷で着実に実力を磨いていき、プロ5年目の2018年についにチャンスをつかむ。7月上旬から1軍でスタメン出場を続け、パンチ力のある打撃と軽快な守備を披露。チームにとって泣き所となりつつあった二塁手の、レギュラー筆頭候補に躍り出た。

 前年の台頭を受けて2019年は通年での活躍に期待がかかっていたが、2月に右内腹斜筋肉離れを負った影響で開幕一軍を逃してしまう。しかし、4月上旬に1軍に復帰して以降は攻守に存在感を発揮。3本塁打に加えて打率.286と確実性も増しており、昨年は183打席で11個だった四球も、今季は110打席で15個。打撃内容に加えて選球眼も向上を見せており、実戦を通じて打者としての進化を感じさせている。

 名二塁手として北海道日本ハムの躍進を支え、5度のリーグ優勝と2度の日本一にも貢献した球団のレジェンド・田中賢介選手が、すでに今季限りで現役を退く意向を表明している。その後継者の第一候補となっている24歳の渡邉選手は、2019年に文句なしの成績を残して完全に一本立ちし、偉大な先輩を後顧の憂いなく送り出すことができるだろうか。

渡邉選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

渡邉選手の2打席連続弾が飛び出した北海道日本ハムが勝利。首位とのゲーム差を「1.5」に縮める
https://insight.official-pacificleague.com/news/5889
 札幌ドームの高いフェンスを乗り越え、2打席連続で鮮やかなアーチをかけた渡邉選手。福岡ソフトバンク・バンデンハーク投手から値千金の2本塁打を放ち、チームの勝利に大きく貢献している。

ファイターズ・渡邉 攻守で魅せた!!