北海道日本ハム清宮、復帰後初安打! 「3番・DH」で2戦連続スタメン、第1打席で右前安打

2019-05-15 13:15 「Full-Count」編集部
北海道日本ハム・清宮幸太郎※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

北海道日本ハム・清宮幸太郎※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ先発の小島から一、二塁間を破る右前安打を放つ

 北海道日本ハムの清宮幸太郎内野手が15日、鎌ヶ谷スタジアムで行われたイースタンリーグの千葉ロッテ戦で復帰後初安打を放った。「3番・DH」でスタメン出場すると、第1打席で右前安打を放った。

 この回1死一塁で第1打席に入った清宮。2ストライクと追い込まれてからの3球目、千葉ロッテ先発の小島が投じた低めの変化球を捉えると、打球は一、二塁間を抜けて右前へと転がった。

 3月3日の横浜DeNAとのオープン戦で右手有鈎骨を骨折し、離脱していた清宮。14日のイースタンリーグ・千葉ロッテ戦で実戦復帰を果たした。復帰戦は2打席無安打に終わっており、この日が復帰2戦目、3打席目での復帰後初安打となった。

(Full-Count編集部)