【ファーム】森本龍也が決勝弾。継投でつないだ北海道日本ハムが接戦を制す

2019-05-15 16:06 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ・森本の勝ち越しホームラン‼ 2019/5/15 F-M(ファーム)

 5月15日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は3対2で北海道日本ハムが勝利。千葉ロッテとの対戦成績を5勝5敗1分の五分とした。また、14日から実戦復帰した清宮幸太郎選手は初回に復帰後初安打を放つなど、2打数1安打1打点の活躍を見せた。

 試合序盤は北海道日本ハム・生田目翼投手、千葉ロッテ・小島和哉投手の両先発による投手戦が繰り広げられた。生田目投手は制球が冴え、4回まで3イニングを3者凡退に抑えるなど、4回被安打1、無四球無失点の好投を披露。対する小島投手は、4回まで毎回奪三振を挙げるなど、得点を許さず。4回まで両チーム無得点のまま試合は進んでいった。

 先制したのは千葉ロッテだった。5回表、6番・菅野剛士選手の安打から2死2塁のチャンスを作ると、8番・山口航輝選手が2号2ラン。北海道日本ハムの2番手・井口和朋投手を捉え、2点を先取した。

 しかし北海道日本ハムも負けじと反撃。6回裏、この回先頭の9番・田宮裕涼(たみや・ゆあ)選手、続く松本剛選手の連打で無死2,3塁のチャンスを作ると、続く谷内亮太選手の内野ゴロの間に3塁走者が生還。そしてなおも1死3塁の場面で、3番・清宮選手が犠飛を放ち、試合を振り出しに戻した。

 その後、試合を決めたのは北海道日本ハム。7回表を柿木蓮投手、8回表を鈴木遼太郎投手の無失点リレーでつなぐと、8回裏に途中出場の森本龍也選手が千葉ロッテ・成田翔投手から豪快な2号ソロを放ち、3対2と勝ち越し。1点リードの9回表は、浦野博司投手が走者を背負いながらも得点を阻んで試合終了。

 北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利。中継ぎが好リリーフでつなぎ、森本選手の一発で接戦を制した。敗れた千葉ロッテは、先発した小島和哉投手が7回8奪三振2失点の好投も、打線が援護しきれず。2番手の成田投手が痛打を浴び、連勝はならなかった。


  123456789 計
ロ 000020000 2
日 00000201X 3

ロ 小島和哉-●成田翔
日 生田目翼-井口和朋-柿木蓮-○鈴木遼太郎-S浦野博司 

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/