【ファーム】代打・ヒメネスの一打で逆転! 楽天が総力戦を制す

2019-05-15 17:29 「パ・リーグ インサイト」編集部
喜ぶ楽天ナイン

喜ぶ楽天ナイン

 5月15日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第7回戦は、7対6で楽天が見事な逆転劇を見せ、接戦を制した。この勝利で、楽天は東京ヤクルトとの今季のファーム対戦成績を無傷の7勝に伸ばした。

 楽天は、先発・弓削隼人投手が制球難に苦しみ、初回にはバレンティン選手に特大の一発を浴び3失点、3回にも適時打を浴び1失点と、序盤から4点差と突き放される苦しい展開となる。

 3回裏に、9番・西巻賢二選手から渡邊佳明選手、吉持亮汰選手の3連続安打で初得点。続く崎剛選手の内野ゴロの間にも、東京ヤクルトの高橋奎二投手のフィルダースチョイスが絡み、またも得点。この回2点差に詰め寄るも、続く4回に弓削投手がまたも強力燕打線に打ち込まれ、失点。継投に入った後も、3番手・渡邊祐樹投手が6回に1点を失い、またも4点差とされる。

 しかし、6回裏、東京ヤクルトの先発・高橋投手から代わった中継ぎ陣の不調を見逃さず、打線が徐々につながりを見せる。まず、安打と四球で無死1,2塁とすると、ここから、内田靖人選手が2点適時打、続く卓丸選手、堀内謙伍選手も代打起用に応え、連続適時打でこの回一挙3得点。1点差に詰め寄る。

 ここから、流れをつかんだ楽天は、8回裏には堀内選手が出塁し、キャッチャーが球を後ろにそらした隙に二塁へと進塁。続く耀飛選手が振り抜き、レフトフェンス直撃の適時三塁打で同点に追い付く。なおも、チャンスの続く楽天は代打・ヒメネス選手が期待に応え、適時二塁打で逆転。一時、4点の差があった試合をついにひっくり返した。

 9回には久保裕也投手が走者を出すものの無失点に抑え、楽天対東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第7回戦は、7対6で楽天が痺れる試合を制した。先発・弓削投手が序盤に崩れるものの、打線が随所でチャンスをものにし、見事逆転を果たした試合であった。

  123456789 計
ヤ 301101000 6
楽 00200302Ⅹ 7

ヤ 高橋奎二-坂本光士郎-蔵本治孝-久保拓眞-●屋宜照悟
楽 弓削隼人-寺岡寛治-渡邊祐樹-○福山博之-S久保裕也

文・林夏帆

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/